「結婚したら終わり」じゃない! 4つの「続ける」で夫婦仲アップ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2013.09.19.Thu

「結婚=新たな生活のスタート」。義家族との付き合いや子育てなど、新しいことばかり始まりますが、何といっても家族の基盤は「夫婦」。しかし他のことには一生懸命になっても、「夫婦間への努力」は結婚した時点で終わり…なんてカップルも少なくありません。それでは夫婦仲がうまくいかなくて当たり前。
夫婦関係がうまくいくコツは、「結婚しても続ける」ことです。中でも特に続けるべき4つのポイントを、今回はご紹介します。あなた自身は大丈夫でしょうか?

変化に対応し続ける

夫婦関係は、いつも同じではありません。年齢、仕事の状況、趣味、子どもの成長、親との関わり…など、その時々によって当人はもちろん、夫婦関係も常に変わりゆくもの。その変化を見続け、その都度対応を変えていかなければ、夫婦関係はうまくいきません。
例えば彼の微妙な変化にあなたが気付かず、ほかの女の子が気付いて心奪われる…なんてこともなきにしもあらず。夫婦だからと安心しきらず、常に変化に気付き、対応し続けましょう。

恋し続ける

同じ相手でも、何度でも恋に落ちることができます。さすがに最初の頃のような強いトキメキはありませんが、上記でも述べたように人間は常に変わりゆくもの。ちょっとした優しさや頑張っている姿にドキッとする瞬間は、意外とあります。
問題はそれに気付く目と、受け入れる心を自分が持っているかどうか。最初から諦めてシャットダウンしていませんか? あなたが彼の変化に気付き恋する気持ちを持たなければ、当然結婚生活は辛くなります。

尊敬し続ける

プラスとマイナスがあれば、マイナスの方が色濃く感じるのが人間です。当然結婚すれば、マイナスを強く感じやすくなるでしょう。さらにマイナスを加点して積み上げがちなのも、女子の特徴。そうすると相手を尊敬すること自体が難しくなります。
しかし「尊敬なくして良好な夫婦関係なし」。尊敬する心がなければ、相手への態度や口調も硬化したり乱雑になるもの。血の繋がらない夫婦こそ、尊敬は必要です。
マイナス面ばかり見ていると分かりにくくなるものですが、プラスにもきちんと視点をあてましょう。「善いところもあるけど、でも…」と打ち消さず、プラスとマイナスはしっかり線で引いて分け、きちんと認めましょう。

自分を楽しみ続ける

「家族との時間が増えたから自分の趣味はおあずけ」「もう既婚者だからオシャレは適当で」なんて思考の女子も少なくありません。家事や育児で物理的に時間がないことも働き、自分磨きの時間が激減するのですね。
しかし自分を楽しめない人は愚痴が増えやすいですし、他者から見ても魅力的にはうつりません。1日10分、週に1回でもかまわないので、趣味やオシャレなど「自分が好きなもの」を楽しみ続けること。これで心のバランスもとれ、他者に優しく接することができます。

結婚といえども、2人の関係でみれば恋愛している時とさほど変わりませんね。今は離婚も簡単にできる時代だからこそ、結婚という権利に甘えるのはもう止めたいところ。4つの「続ける」を自分自身でも見直してみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/