「付き合っているかいないのかわからない…」グレーな恋の対処法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2013.07.06.Sat

お互い好意があるのはわかるけど、はっきり付き合おうと言われたわけじゃない…。恋の始まりの頃は、こんな微妙な状態にはまることもありますよね。
「彼はシャイだから」と関係をはっきりさせることから逃げていると、ある日突然「彼女ができたからもう会えない」と言われるなど、思いがけない落とし穴にはまるケースも。
グレーな状態の恋は女子を不安定にさせます。ビミョーな状態にはまらない、抜け出すためにはどうすればいい?

そもそも、疑問を抱く時点で付き合ってない

会っているときは楽しいし、定期的に会ってもいるけど、私たちは付き合ってるの?こんな疑問を持ったことがある人もいるでしょう。でも、恋の始まりなのにそんな疑問を持つ時点で、自分は彼の恋人ではないと自覚しましょう。
決定的な言葉がない=「自分のものじゃなくてもいい」と思われている、というのが正解です。シャイな男子でも、相手の女子が魅力的で人に渡したくないと思えば、はっきりしない関係にはしないもの。

「手に入った」と感じると男は努力しなくなる

「私たち、付き合ってるのかな…」こんな風に思うからには、もう既に彼と体の関係があるという人もいるかもしれません。残念ですが、いったん曖昧な関係になると、男子はそれ以上自分から決定的な言葉を言いたくなくなってしまうもの。
女子が思うほど、体は武器になりません。付き合っているかいないのかわからない状態で体の関係を持ってはいけないのはこのため。一度体の関係を持つと、もうそれ以前の状態には戻れません。まだの人は「付き合おう」の言葉がないうちは絶対に焦らないで。焦って体を許してしまった人は、二度目は断ってみるのも手です。

確認したいなら

とにかく重い雰囲気を出したり、脅迫じみるのはNG。回りくどい質問は相手に探られているような不快感を与えたり、「面倒くさい女だな、こんな子だったっけ」と思われ、かえって関係が悪くなってしまうことも。
とはいえ、今更なんて聞けばいいの?という場合は質問の仕方に工夫を。「私たちってどういう関係?」というような、相手に答え方の全てをゆだねる質問は話の核心がずれやすく、相手も答えにくいので避けます。「私たち、付き合ってるんだよね?」のようにYES/NOで答えられる質問にしましょう。
はっきり聞くなんてできない…と思うかもしれませんが、勇気を出してはっきり聞いたことにはっきり答えてくれないなら、その後の付き合いで幸せになれるか怪しいもの。探らず、しかし勇気を持って質問してみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019