彼との夜の営みでイラッとした瞬間!? 6選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2013.06.25.Tue

彼との夜の営みが徐々にマンネリ化し、刺激のないものになっていくことに、不満を覚える女子も少なくありません。その他にも、慣れたせいで緊張感がなくなったり、甘えられたりして、イラッとしてしまうこともあるでしょう。女子に彼との夜の営みで、イラッとした瞬間について、話を聞いてみました。

1、「休憩してるの?」と聞かれた

「口でしているときに、疲れて少し休んでいたら、『休憩してるの?』と聞かれて、かなりイラッとしました。結構口周りの筋肉を使うので、口全体が疲れるってことを、彼はまったく分かっていないんですよね……」(32歳/IT)

2、思いやりを感じなくなった

「付き合い始めの頃は、やさしく丁寧で、思いやりのあるセックスをしてくれていたのに、最近では全然です。適当な扱いをされている気分」(30歳/営業)

3、反応を見ない

「こちらの表情や手足の動きなどの反応を見ずに、刺激する部分だけを見ている彼にイラッ。ひたすら単調な刺激を加えてきて、全然気持ちよくありません。一番最近したときには、こんなにセックス下手な人だったっけ……と呆れてしまいました。前はちゃんと表情の変化を見ながら、刺激を変えてくれていたのに」(24歳/メーカー)

4、「上は疲れたから交代ね」と言う

「『上は疲れたからそろそろ交代ね』と言われ、どーんと横たわる彼にイラッ。そうやってすぐ疲れるのは、あなたが運動を一切してないせいで、持久力がないせいでしょ……と厳しい言葉をぶつけたくなります。また、ムードも何もなくてイライラしました」(27歳/ネイリスト)

5、前戯が短い

「私はかなり丁寧に彼を愛撫したり、舐めたりと前戯に時間をかけるのですが、彼は私の3分の1くらいの時間で終わります。私がこれだけ長くかけているから、あなたも同じようにしてね、というメッセージを発しているつもりなのですが、全然伝わっていないみたい。適当なエッチをする彼とは、正直楽しめないですね。他の人としたいなと思うときもあります」(29歳/経営者)

6、テクニシャンだと思い込んでいる

「そんなに上手くもないし、アソコが大きいわけでもないのに、私が『きもちいい』と褒めてきたせいで、自分のことをテクニシャンだと思い込んでいる彼。いつも『してあげようか?』と上から目線で聞いてくるのがムカつきます」(28歳/広報)

初期の頃のセックスのようにとはいかないまでも、思いやりと愛情を持ったセックスを、男性には心がけていただきたいものです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子