イライラも今日で終わり!“気の利かない彼”を上手に育てていく方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2013.05.24.Fri

付き合っていて、いい彼なんだけど気が利かないところがある…、そんな不満を密かに抱えている女子は意外と多いのではないでしょうか。そもそも男女では考え方や感じ方がずいぶん違うものなので、本人に悪気はなくても“気が利かない”と思ってしまうこともあるでしょう。
そこで“気が利かない”というお悩みをより具体的にクローズアップ、それぞれに合った対処法をご紹介しましょう。イライラするよりも、それを一種の個性ととらえ、自分のペースに合うよう上手に導いていくのもひとつの女子力としてマスターするべきテクニックではないでしょうか。

悩み1:彼にまったく計画性がない

デートや旅行の予定をたてるのは全てあなた、彼はいつもあなたのプランにのっかるだけ…、というパターンになって不満を募らせている人は、実は彼からなにか提案されてもすぐに却下したりしていないでしょうか。
カップルの力関係において、どちらか一方が予定を何でも決めて、それに従って動くようになると、片方はどうしても受身になりがちです。彼に計画性がないと責める前に、まずやや強引にでも彼になにかプランを立てさせましょう。そして彼がプランニングしたデートやイベントをあなた自身が楽しむように。あなたが喜んでいることを実感できれば、彼も自分からすすんでふたりの予定をいろいろ立てるようになるはずです。

悩み2:彼のプレゼントの趣味がはっきり言って悪い

プレゼントを贈ってくれる気持ちは嬉しいけど、はっきり言ってセンスが悪い…。これも意外と多くの女子が似たような悩みを抱えています。
たしかに何も言わなくても、ヒントすらださなくても、そのとき一番欲しいものをプレゼントしてくれる彼だったら最高ですが、現実はなかなかそうはいきません。むしろ、誕生日や記念日の1週間ほど前に、“欲しいものリスト”を渡して、その中から彼が選ぶというかたちにしてはどうでしょうか。これならあなたもちゃんと欲しいものがもらえるし、彼もプレゼント選びのプレッシャーから解放され、ふたりともハッピーにおさまります。

悩み3:料理はいつも彼女まかせ

こんな時代になってもいまだに“料理は女がするもの”という意識が抜けきらず、料理はいつも彼女まかせという男性もけっこういるようです。でもよっぽど料理が好きという人でないかぎり、たまには息抜きしたいし、まして結婚して共働きともなったらなおさらです。
そこでどうしても台所に足を踏み入れない男性には徹底教育を施しましょう。まずは、お買い物から頼んで、興味をもってもらうことから。それから、何度か料理の準備や下ごしらえを手伝ってもらい、徐々に慣れていくようにします。最初から何品も食卓に並ぶようなことを期待するのは無理、チャーハンや焼きソバ系など1品でもボリュームのあるものから始めてみて。始めは毛嫌いしていても、いったんハマると凝り性になる男性もけっこういます。彼が作ってくれたものは、“美味しいよ”と褒めて伸ばしていきましょう。

参考記事:The boy does nothing

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。