最初が肝心!ファーストデートで気をつけるべきことリスト

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2013.05.02.Thu

ファーストデート、おそらく誰もが緊張とワクワク感の両方に苛まれるのではないでしょうか。“なんとかうまくいってほしい”という気持ちと、まだ相手のことが十分に把握できていない不安感。話題から着ていくものまで、考えることは山ほどあります。でも、緊張でガチガチのままだったら、うまくいくはずの恋さえ難しくなってしまうもの。
そこで、ファーストデートでとくに気をつけてほしいことをまとめたので、事前によーくチェックしてみて。あとは、ほどほどの緊張感と恋の始まる期待感をもって、ファーストデートを楽しんでください!

一般的なマナーを守る

ファーストデートで浮かれた気分にならないで、一般的なマナーを忘れないようにしましょう。約束の時間を守るのはもちろん、お店の人などにもぞんざいな態度をとらないこと。また高いお店に連れて行ってもらって、“男が払って当然”という態度をとるのはよくありません。一緒にいて寛げる人、楽しめる人、と思われるためにも欠かせないことです。

相手のことを褒める

あからさまなお世辞というわけではなく、相手の良いところ、好ましいところをみつけて“すごいね”、“センスいいね”、“こんなお店どこで見つけたの?”などと褒め言葉を投げかけてみて。たとえ社交辞令と受け取られても、相手の気分は悪くならないはず。ただし、やりすぎはかえって逆効果。ここぞ、というところを積極的に見つけてみましょう。

笑顔とユーモアを忘れない

ファーストデートは、相手だって緊張しているはず。だからこそ、緊張感をなごませる笑顔とユーモアを忘れないことが大切です。笑ったり、楽しそうにしている様子は女性をさらにきれいに見せます。ファーストデートなんだから、ときに会話が途切れたり、ギクシャクするシーンがあっても当たり前、そんなことを気にさせない“楽しんでいる感”が出せれば、相手にも好印象を与えられるはずです。

会話は“キャッチボール”を心がける

せっかくのファーストデートなのに、どちらかが一方的に話して、相手は聞き役、というのではお互いをよく知るきっかけになりません。相手の話を聞くことももちろん大事ですが、どんな人間なのか知ってもらうために、自分のこともよく話すようにしましょう。また普段からおしゃべり体質な人は、いつもより人の話を聞くことに集中してみて。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。