嫌いになったワケではないけど、彼女に別れを切り出した瞬間エピソード6選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2013.04.03.Wed

悲しきかな、別れは突然訪れるもの。恋人として嫌いになったワケではないけれど、彼女に別れを切り出した瞬間があるという男性に、その理由と本音を聞いてみました。

1、浮気をやめない子だった

「かわいくてスタイルも良い自慢の彼女だったのですが、浮気をやめない子だったので切ってしまいました」(31歳/営業)
▽ これは仕方ない理由。逆の立場でもイヤですよね。

2、金銭感覚の不一致

「金銭感覚が合わなくて、結婚相手としては不適切だと感じたんです。もっとお金に対して堅実な子であってほしかった」(29歳/IT)
▽ 結婚を意識した相手との、金銭感覚は合致させたいと思うのは、男女に共通しています。

3、食べ方がイヤ

「彼女の食べ方がどちらかというと下品で、どうしても受け入れられなかった。箸の持ち方も気に入らなかったですね」(30歳/公務員)
▽ 生理的にちょっと……という理由のひとつです。食は必ず共にするものなので、気をつけたいもの。

4、母親の過剰な干渉

「彼女の母親がやたら遊びにきては干渉してくるんです。それが面倒くさすぎて……」(27歳/メーカー)
▽ 結婚後も続くのが義母との関わり。結婚前にその“面倒くさそう感”が見えると萎えてしまいます。

5、女性として見られなくなった

「好きだけど、女性としてときめかなくなったんです。もちろん、勝手な言い分だとは分かっていますよ」(30歳/金融)
▽ ちょっとひどい! でも、身が引き締まる思いかも。女子も女として見られる努力を怠ってはいけません。

6、働きすぎて自分に構ってくれなくなった

「元カノは超働きマンでした。デートできたのは月に1回くらい。嫌いではなかったですが、あまりにも会えないとつまらないので」(29歳/保険)
▽ もう少し彼のことを見てあげて、と助言したくなるパターンです。仕事を頑張るのも大事ですが、オンオフともに充実させるのが一番です。

ひどい理由もありますが、中には分からないでもない……といった理由も。別れを切り出されないよう、女子としても気を使いたいものです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子