モテるトーク美人はココが違う!「話していて楽しい女子」ってこんな人

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2013.04.01.Mon

「どんな女子が好き?」と男子に質問した場合、ルックスを抜きにすれば「話していて楽しい子」という条件はかなり上位に来ます。話していて楽しい!と思わせる女子はどんな女子?
ペラペラ話すわけではないのになぜか話すと楽しい、トーク美女たちがおさえている「会話のキモ」をまとめました。

「楽しい=面白い」ではない

頭の回転が速く、面白いエピソードやちょっと毒舌な語りを嫌味なく展開させられる、トーク上手な女子は確かにいます。とはいえ、彼女たちを見て「私はあんなに話せないからムリ」とあきらめる必要はありません。
男子に「この子、興味深いな」と思われるのはアリですが、「面白い女」認定されると突然イロモノ認定された挙句、恋愛対象から外されることも。下品なネタや、自分を落として笑いを取るのはNGです。マシンガントークが面白いのは上級者のみなのです。

自分の話をしないのは失礼?

律儀な女子がハマるのが「相手にばかり話させていては悪いかも?」「会話の間が怖い」という落とし穴。相手が気分よく話しているなら変に気遣って自分の話をする必要はありませんし、会話の間が怖くてしゃべり通しでは、恋が生まれるスキもできません。
最初から相手にガッツリ興味を持たれるなんてことはレアケース。今はまだ、彼にとって興味のない「あなたの話」より、今彼が興味を持って話したい「彼自身の話」を聞いてあげるほうが彼にとってはよほど楽しい時間となります。

話そうと焦るよりも「聞く」!

人は自分の興味がある話題しか聞かないし、興味のあること、話したいことしか話さないもの。こうして文字にするとマナー違反に見えますが、ほとんどの人がそうです。ある話題を話している途中に「全然違う話なんだけど…」と別の話題を話し出す人は多いですよね。隙あらば自分の興味あることを話したいものなのです。それだけに、男子の話に興味を持って聞くことができたり、適度な質問をさしはさんで話を展開させられる人は「オレに興味があるのかな?」と感じさせることができ、好感を持たれます。

「彼の話に耳を傾ける」とは

とはいえ、ありがちなのが、ひたすら「本当!?」「すごーい!」など、相槌ではなく「合いの手」を入れることに終始してしまうケース。あまりに聞き役に徹しすぎると、気分よく話させることはできても、自分に興味を持ってもらうことはできません。次にどんな相槌を打とうか?何を言おうか?こんなことを考えて上の空になるくらいなら、思ったことをそのまま口にしてしまった方がよほど楽しいもの。会話のテンポだって崩れません。
「彼に興味を持ち、真剣に話に耳を傾けている」なら、ある程度は好きにしゃべってもOKなのです。

男子は女子より「自分の話を聞いてほしい」「そのうえで認めてほしい」という願望が強いもの。その願望を満たしてあげれば、今度は彼が「こんなに楽しい時間をくれる君の事を知りたいな」と感じるはず。男子の「話したい欲」にきちんと対応できるのがトーク美人と言えそうです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019