終わってしまったものは仕方ありませんが、、元彼から私たちが学んだこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2013.03.31.Sun

彼とうまくいかなくって破局、、でも落ち込んでばかりいてはいられません。終わってしまったものは元に戻せませんが、その経験からわたしたちはいろんなことを学べるはず。次の恋につなげるためにも覚えておきたい、恋愛に関する教訓をまとめてみました。

教訓その1:“いつまでも。。”というのは“この恋が終わるまで”という意味。

“いつまでも好きだよ”と彼が甘い言葉をささやいたこともあったでしょう。恋が終わった今となっては彼が嘘つきのように感じられるはず。でも彼もあなたを騙そうとして意図的にそんな言葉を口にしたのではありません、そのときその瞬間は確かに“いつまでも、永遠に”と思っていたかもしれません。
でも人の気持ちはつねに変わり続けるものです。恋愛における“いつまでも”とは厳密には“この恋が終わるまで”という意味だと自覚して。

教訓その2:彼の友だちは自分の友だちではない。

付き合っている間、彼の友だちと仲良くなる機会があったことでしょう。でも彼の友だちはあくまで彼のもの、彼との関係が切れたら彼の友だちとの関係も終わったものと思いましょう。
別れに至った原因が彼にあろうと、彼の友だちはみな彼の味方をするはずです。いくら仲良くなったつもりでいても、彼らはやはり男の友情を優先させます、あなたの味方になってくれる可能性は限りなく低いので甘く考えないように!

教訓その3:すぐに身体の関係をもつのは危険だ。

ほんとうに好きな相手なら、ゆっくり時間をかけて関係を深めてゆくべき。急いで身体の関係を持つ必要はありません。男性の側だって、心底惚れている女性なら大切にするし、あなたの心の準備ができるまでちゃんと待てるはず。
もしそうでないなら、彼は結局カラダだけが目的で、いい恋愛をしようという気はないでしょう。自分の気持ちが100%確かなものになるまでしっかり相手のことをよく知り、心の底から好きだと思えるようになるまで待つのが賢明です。

彼と別れた直後は、ひどい恋愛だったと後悔するかもしれません。でも苦い恋の経験も次に幸せな恋愛を手にするために必要なプロセスだったと考えてみてはどうでしょう?決して悪いことばかりではないはずです。
“転んでもタダでは起きない”、そんな恋愛タフ体質を目指しましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。