火遊びでは終わらない!禁じられた恋の結末。

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2013.03.04.Mon

不倫…その言葉を聞いただけで、暗く重いものが胸の中を通り過ぎるのは著者だけでしょうか?
最近、思うのですが、不倫とアバンチュールとはまったく別物。アバンチュールは一時の気の迷いから、関係を持ってしまうことであり、繰り返すことではありません。しかし、不倫はあいまいな関係をずっと続けていくことで、お互いに傷つけ合うだけではなく、ひどい場合は双方の家庭が崩壊します。そこで今回は、禁じられた恋の結末をリサーチしてみました。

焼けぼっくりに火がついた中年男性の末路

独身時代に付き合っていた女性とひょんなことがきっかけとなり再会したIさん。再会を果たしたその日に、相手の女性に対する未練が残っていると感じたそう。それから二人は頻繁に連絡を取り合うようになり、いつの間にか深い関係に…。それから2年の歳月が経ち、お互いがいて当たり前の存在になっていました。しかし、気が緩んだ、そのタイミングでIさんの奥さんに不倫がバレてしまったのです。
不倫がバレた原因となったのは「匂い」。女性がつける甘い香水の匂いがIさんのスーツに残ってしまっていました。怒った奥さんはIさんに離婚届けを突きつけ、家庭が崩壊。もちろん相手の女性の家族にも不倫がバレてしまい、お互いに独身に…。でも、二人は再婚することはありませんでした。なぜなら、不倫から始まる恋を経験した二人は、お互いのことが心から信じられなかったのです。それから4年、今でもIさんはひとり暮らしをしています。

不倫が悪いことだと思わなかった女性

小さい頃から父親の不倫を幾度となく目撃してきたAさん。不倫が悪いことだとまったく思っていなかったそう。そのため、結婚してからも、たくさんの恋愛を経験してきました。
15歳以上年下の男性と付き合っていたことも…。Aさんは常にそばに男性がいてくれないと落ち着かなく極度の恋愛依存症で、旦那さんだけでは、どうしても物足りなくなってしまうのです。でも、一度付き合った男性とは1年くらい関係を持つのですが、だいたいAさんが飽きて、別れてしまいます。ですから、次のターゲットは独身の友達が開催する合コンや出会い系サイトで探していました。
ですが、ある日、とうとう我慢が限界になった旦那さんに「離婚しよう」と言われてしまいます。Aさんは悩みましたが、自分の恋愛観は一生変わることがないだろうと、諦めて離婚を決意。今では、彼氏が平均3人はいる恋愛にドップリと浸かった生活を送っています。

禁じられた恋の末路を知って、あなたは何を感じたでしょうか?不倫は自分や相手だけではなく、周りを傷つける可能性がある行為でもあります。それを理解したうえで、大人として責任ある行動をしたいものですよね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

羽音(はのん)

都内在住のライター/編集者/コンテンツディレクター。
17歳の頃、演劇をはじめ次第に舞台脚本に興味を持ち、紆余曲折を経てライターに……。映画、旅行、自然が大好き。