あなたは大丈夫?特に恋愛で重視される3つのコミュニケーションスキルとは

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2013.03.06.Wed

コミュニケーションと一口には言っても、仕事、恋愛、友人関係で重視すべきスキルは変わってきます。自分があると思ったいた、また努力していたコミュニケーションスキルは、もしかしたら恋愛ではあまり役に立たないのかもしれません。
特に恋愛で重視してもらいたいのは、以下の3つのコミュニケーションスキル。あなたは身についていますか?

相手目線のコミュニケーション

恋愛になると、誰しも自己中心的になりやすいもの。しかし恋愛で1番大切なのは、「相手目線のコミュニケーション」。1対1の関係だからこそ、より相手を知ることが大切です。
相手の「興味、得意不得意、プライド、褒めて欲しい部分、気分の変化」は把握しておきましょう。そうすれば彼が褒めてほしい部分を褒めることができ、触れてはいけない所には触れずケンカの機会を減らすことができます。また「感情表現や愛情表現」も、男女間や個人間で大きく異なるもの。好きだと口にするのが愛情表現の人もいれば、奢るのが愛情表現の人もいるので、「表現の仕方」は要チェック事項。
相手を知れば知るほど、付き合う期間も長くなるでしょう。

価値観の違いを円満解決するスキル

友達や家族なら、価値観が違っても自分の人生まで大きな影響はありません。しかし彼氏ともなると休日やイベントの過ごし方など、旦那ともなれば生活にまで影響が出てきます。
価値観は小さなことから大きなことまで多様にあり、全て合う人はまずいませんよね。誰と付き合っても、お互いの意見をすり寄せ、どう解決するかは重要。譲れる所は譲り、譲られない所は譲らないという芯も必要です。
こればかりは慣れも必要。自分は違う意見でも言葉を飲み込むことなく、お互いの価値観を摺り寄せる技術を身につけましょう。

おだてスキル

男性はプライドが高い生き物。例えばあなたが、指図するように物事を頼んだり、ケンカ中に正論で彼を論破したり、過去の話を持ち出したり、他人と比較して彼を非難したとしましょう。彼は話の内容よりも「プライドが傷付いた」ことで頭がいっぱいになり、話し合いが進まないどころか、最悪の場合嫌われてしまいます。
彼と話し合いを建設的に行いたい、彼の言動を変えて欲しい場合、上記の例のようなプライドを傷つける言い方は絶対にやめましょう。男性は「集団の意見」に弱いですから、きちんとした情報を提示したり、中立的な立場の人(友達や上司など、人選びは慎重に)がいる場所で話し合うのが効果的です。
「自然と彼が必要性を感じた」ように持っていけば、彼も自然と変わってくれますよ。

いかがでしょうか?恋愛は不特定多数相手より、個人的なコミュニケーションスキルが問われることを覚えておきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/