これが悲しい現実!?夫婦なだけに“がっかり”な瞬間

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2013.02.05.Tue

どんな大恋愛の末に結婚した相手でも、ずっと一緒に生活していれば相手のちょっと抜けているところや変な習慣に気づくものです。でもそれはお互いさまだと思うので、見てみぬふりをしたり、あまり気にしないようにすることも大事。
とはいえ、あんまりあからさまな姿を見てしまうと、夫婦とはいえドン引きしてしまうことだってあります。そんな夫婦なだけに“がっかり”なエピソードを集めてみました。

相手の心づかい???朝トイレであれの流し忘れ!!

“ある朝いちばんにトイレにはいると、なんと特大のアレがそのままに。あわてて流し、夫に問い詰めると、「ごめん。忘れてた。明け方にトイレ行って出ちゃって、流すとうるさいくて迷惑だろうから、後で流そうと思ったんだ」なんてシラッと言い訳。
どうもご親切にありがとう!!!でも、朝っぱらからそんなものに対面させられる身にもなってください!!!いくら夫婦とはいえ、“なんか私たちもう終わったなー”としみじみ思った瞬間でした。“

生活必需品なだけに、お互い一歩も譲らず大ゲンカに。。

トイレットペーパーと言えば、まず生活の必需品。私はつねにある程度のストックを家に置いておきたいと思う派です。ある日、夫とディスカウントショップに行ったら、トイレットペーパー32個入りのお買い得パックがセール中でした。私はその場でまとめ買いしようと提案、でも夫は“必要なときに必要なだけ買えばいい”という考えの人。
そんなに買って家のどこにおくんだ、同じようなセールはきっとまたあるに違いないと言って、買うことに賛成しません。そうなると私のほうも意地になって、今買いたい、どうせ必ず使うものだからと主張。お互い一歩も譲らず、大ゲンカに発展してしまいました。
たかがトイレットペーパー、されどトイレットペーパー、なんだかそんなことで大ゲンカになった夫婦仲が情けなくてしょうがありません。

夫婦なだけに、お互いちょっと心を許しすぎて失敗したり、なぜか小さなことにこだわってしまい相手と不穏な空気になってしまったり、そんなことは結婚生活でしょっちゅうです。そんな小さないさかいのひとつ、ひとつを乗り越えてこそ、やがて夫婦として本当の絆が生まれてくるのだと思いますが、その道のりは長くて遠い。
ときどきめげそうにもなりますが、自分で選んだ相手なのですから、気長に、そして寛容な気持ちを忘れないで一緒に暮らしてゆきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。