男性の本音!思わず萎えてしまう女性の下着エピソード 6選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2013.01.23.Wed

付き合って長くなると、彼女が手を抜いてくるんだよなーー電車で聞いた男性陣の気になる会話。彼らの話はそれ以降も続き「彼女がオバサンっぽい下着をつけるようになった」という愚痴が始まりました。確かにそれは萎えてしまうかも……。でも、自分も気をつけたい!
そこで「男性が思わず萎えてしまう下着」について調査しました。

1、ベージュ系

「明らかにオバサンっぽいな……と思って萎えてしまう色はベージュです。肌色ですよ。刺激も何もないですよ。あと、実家で干されていた、母親の大きなベージュのパンツを思い出してしまいます」(29歳/IT)

2、パープル系

「欲求不満の色とも言われるパープルですが、ちょっとオバサンっぽいかも。王道のホワイト、ピンク、ブラックでいいじゃないですか。何も珍妙な色へ手を伸ばさなくてもいいと思います。変に下着で冒険してくれなくていいです」(32歳/メーカー)

3、アニマル柄

「ヒョウ柄の下着をつけた女性を目の前にしたときには、大阪のおばちゃんを連想してしまいました。あまり興奮しませんでしたね……。ほかのゼブラ柄も同様です。どうしてあんな模様のものを選ぶのか、まったく理解できません」(31歳/金融)

4、ヨレヨレのもの

「ヨレヨレの下着をつけられると、俺との夜にやる気はないんだな……と感じずにはいられません。もう少し女子力を見せてほしいのですが」(27歳/映像)

5、穴が空いているもの

「思わず幻滅してしまったのは、ゴム付近に小さい穴の空いたパンツを履いている女子。悲しくなりましたね。女性ならでは細やかさを発揮して、それくらい気付いてほしいです」(31歳/ライター)

6、面積がやたら大きいもの

「おへそあたりまですっぽり隠れる下着だと、オバサンっぽいなぁと思います。冷えちゃうのは分からないでもないですが、オトコの萎える気持ちも分かってほしいんです。ごめんなさい」(32歳/公務員)

皆さんの下着は大丈夫?
男性を思わず萎えさせてしまう下着は思いきって捨てて、今後の下着選びの参考にしてみてはいかがですか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子