クリスマス前の女子力低下に要注意!女子のパジャマで失望したエピソード 6選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2012.12.23.Sun

クリスマス目前。浮かれすぎて女子力を低下させる……なんてことがあってはなりません。彼アリ女子もそうでない女子も意識を高く持って!
今回はつい油断しがちな「パジャマ」に焦点を当ててみました。女子のパジャマに関して失望したエピソードを男子に調査してみました。

1、中高時代のジャージ

「元カノはいつも中高時代のジャージをパジャマ代わりに着ていました。紫や緑のもけもけのジャージなんて、色気も何もあったもんじゃない。それで結構冷めました」(29歳/営業)

2、毛玉が大量についていた

「誰にも見せないからといって、毛玉いっぱいのパジャマを着るのはありえない。少なくとも彼氏はパジャマを目にするわけですよね。悲しい気持ちにさせないでほしい」(32歳/コンサル)

3、元カレのビッグTシャツ

「先日、誰が見ても明らかに男モノだと分かる、大きなTシャツを着ていた彼女。元カレに影響されてハマったというバンドのロゴマークがプリントされていました。過去の男の存在を感じさせるものは、基本的に見たくありません」(31歳/出版)

4、幼いイメージのキャラもの

「気になる女子の家に泊まる機会がありました。ドキドキが止まりませんでしたね。でも、キティちゃんのパジャマを着て登場されたときに、瞬時に萎えてしまったのを感じました」(28歳/広告)

5、破れていた

「ベッド下に収納したものを取り出そうと、床にかがみ込んでお尻を突き出した彼女。そのときにパジャマのズボンのお尻の部分が、大きく破れているのを発見し『気付けよ……』と冷ややかな視線で見つめてしまった」(33歳/エンジニア)

6、上下バラバラ

「男兄弟しかいないので、かるく男の理想が入っているかも知れませんが、すみません。下着が上下セットであってほしいのと同様に、パジャマも上下を揃えてほしいんです。トーンが合っているとギリギリ許せますが、ちぐはぐだと大幅に減点したくなります」(27歳/デザイナー)

男子の目は厳しかった……。いくらパジャマでも油断はできないということですね。パジャマを着たキュートな女子が集まるWebサイト「PAJACOLLE」の着こなしが参考になりますよ。シンプルで上質、モコモコなどをキーワードに、女子力の高いパジャマ選びを意識してみてくださいね。

【関連サイト】
PAJACOLLE
パジャマ女子が多数登場するサイト
7Days memory~おもいで、つくろ。~
パジャマ女子ユニット「PAJACOLLE」メンバーの女子力高いふるまいが見られるサイト

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子