お酒に弱い男子と付き合うと良いこと!? 6選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2012.12.02.Sun

なぜだか理由は分かりませんが、あまり(お酒を)飲めない男子と関わることの多い筆者。今カレも元カレも、そして元々カレも、ほとんどお酒を飲めない人です。お酒に弱い男子と付き合うことの良さを知り尽くしたので、ここに一挙ご紹介したいと思います。

1、トーク力がある

お酒に弱い男子は、変にお酒に頼ることをしません。お酒の勢いとノリで、合コンを乗り切る男子がたまにいますが、彼らとは異なり持ち前のトーク力で勝負をするのです。盛り上がる話題を持っているので、それを華麗に繰り出してくれます。シラフでも面白い話のできる、とてもオススメの男子です。

2、すぐに眠たくなる

お酒に弱い男子は、少しでもお酒を飲むと眠たくなります。「眠くなった」「もう横になりたい」「帰りたい」などと言うのです。大抵の場合、1軒行くと帰ろうとするので、夜更かしに巻き込まれることはありません。朝型、健康的なスタイルが好きな人にとっては、とてもオススメの男子です。

3、スイーツ好き

お酒に弱い男子は、お酒を飲まない分、甘いものが好き。有名店からコンビニスイーツまで各種食べ歩いているため、最新スイーツ情報にも詳しく、色々なお店に連れて行ってくれます。スイーツ好きな人にとっては、とてもオススメの男子です。

4、酔うとかわいい

お酒に弱い男子は、すぐに酔ってしまいます。とはいえ、それほど飲まず、自分の許容量を知っているため「ちょっと酔ったかも」と口にする程度です。また、ぼーっとしたり、普段より少し饒舌になったりと、かわいらしい一面を見せてくれることも。ギャップに弱い人にとっては、とてもオススメの男子です。

5、飲み代がかからない

お酒に弱い男子は、どんなに飲んでも1~2杯程度。酒飲み男子と比べると、はるかに飲み代が抑えられます。飲みに行く頻度もそれほど多くないため、結婚しても飲み代は少なくて済みます。たとえ夏場であっても、家でのビール代すらかかりません。お酒代を他の部分で有効活用したい人にとっては、とてもオススメの男子です。

6、グルメである

お酒に弱い男子は、お酒にあまり興味がない分、食べ物への意識が高いです。お酒にお金をかけない分、その他の料理を楽しむのが彼らの特徴。グルメ女子にとっては、とてもオススメの男子です。

自分自身がお酒に強くても彼らに合わせていると、お酒を飲む量も減らせたり、グルメネタに詳しくなれたり、朝型に切り替えられたりなど、いいこと尽くし。お酒に弱い男子に注目してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子