倦怠期なんて関係無い!いつまでもときめく恋愛関係でいるためのコツはなに?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2012.12.31.Mon

最初はどんなに愛し合っていたカップルでも、時が過ぎれば倦怠期がおとずれるのもやむを得ないと思っていませんか?
恋のときめきを保つためには努力と心配りが欠かせません。でも、私たちはつい相手の愛情を当然のように受け止めてしまい、努力を忘れてしまいがちです。だからこそ、ときどき確認してみることが大事。恋愛のテンションを維持するためのコツをまとめてみました。

恋のときめきを維持するコツ

その1:相手に手紙を書いてみる。

スマホなどのテクノロジーおかげで、もはや手紙を書く機会なんて絶滅状態にあるのではないでしょうか。でも、直筆で心を込めて書かれたラブレターは、愛情を伝える最高の手段。
書くという行為には、自分の気持ちをよく振り返り、考えを深める効果があります。携帯やメールという便利なツールでは同じような効果は期待できません。あえてアナログで勝負する気持ちでゆきましょう。

その2:おなじ時間に寝るようにする。

付き合い始めた頃は当然のようだった習慣も、だんだん薄れてきていませんか?仕事、テレビ、ネット、さまざまな理由で、お互いおなじ時間にベッドにゆくことが減っていたら要注意。関係を見つめなおすなら、“ふたりだけで過ごす貴重な時間”をもっと大事にするべき。
いつもよりちょっと早めにふたりで寝室にゆき、おしゃべりしたり、ゴロゴロする時間をもつようにしましょう。もちろん、ベッドでの読書やテレビ、ネットは控えて!

その3:“ありがとう”という。

英語では、“サンキュー(ありがとう)”と“プリーズ(お願いします)”の2つの言葉は小さい頃からしつけで徹底的に叩き込まれる言葉。つまり、人間関係をスムーズにすすめるうえで最重要視されている言葉なのです。これをもっとも基本的な人間関係である恋人/夫婦に使わないはずがありません。
パートナーに感謝の気持ちを表すことは、相手にあなたの存在の大切さを実感させることにもつながります。アメリカでは、“「ありがとう」の一言で、離婚を防ぐことができる”という専門家もいるほど。ふたりの間柄をより円滑にする魔法の言葉「ありがとう」、イライラしたり、落ち込んだときほど、この言葉を思い出して、使ってみてください。

その4:遊びゴコロを忘れない。

パートナーと笑いのセンスを共有していること、いつまでも仲の良いカップルの最大の秘訣はじつはこれかもしれません。たまには小さないたずらで相手を驚かせたり、笑わせたり、そんな余裕を忘れないようにしましょう。
ふたりでコメディやお笑い番組を見る時間を作るのでもかまいません。また、自分の失敗や相手の間の抜けた行動を、笑い飛ばせる明るさがあってこそ、心地よい関係を維持するカギです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。