来年こそは結婚したい!マンネリの恋、捨てる?進む?迷ったらチェックしたい3つのこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2012.12.29.Sat

私たちの親の世代とは結婚観も変化し、男子にとっては「結婚」はマストではないことも。ほうっておくと結婚に進まずだらだら付き合う「現状維持」したがる男子も多いもの。
はたからは安定しているように見える付き合いても女子的には内心穏やかではないケースもありますよね。いつまでたっても「結婚しよう」と言ってくれない彼、自分からプロポーズすべき?あきらめて別の人を探すべき?迷ったときに気にしてほしい3つのポイントをまとめました。

付き合って2年以上たつのにプロポーズがない

相手が実像以上によく見えるというバブル的な現象は付き合い始めてから2年以内で終わるそう。この追い風の吹いている時期にプロポーズがなかった場合、その後は彼みずから「結婚しよう」と言ってきてくれる可能性は激減します。恋愛バブルの終わりに加え、彼にとっては「結婚しなくても一緒にいてくれる相手」になっている可能性も。
転勤、子供ができるなど、二人の関係が外部から変化することでプロポーズのきっかけになることもありますが、普通に彼の意志でのプロポーズを期待している場合は、鮮度切れかも。

「許せない」と思うことが違う

離婚の原因でも上位に食い込む「価値観の違い」。そもそも違う人間なので共通点にも限度があり、また、相手と自分の違う面は恋のスパイスでもあります。共通点はないのに長い間仲良くやれるカップル、すごく気が合うと思ったのにすぐ別れてしまうカップル…。どこが違うのでしょう?
長い付き合いでもストレスなく付き合っているカップルは「嫌だと思うこと、許せないこと」が同じなことが多いのです。恋愛はある時、いいところを評価する加点式から嫌な部分を減点する減点式に変わります。楽しいと思う点が同じでも、不快感のツボが違うとお互いに地雷を踏みあい、愛が冷めることも。

寝顔を見て疑問に思う

収入などの条件面はさておき、彼に対する自分の気持ちがわからなくなったらぜひチェックしてほしいのがここ。彼の寝顔を眺めていて、どう思いますか?口があいたりよだれが出たり、起きているときは表情などでカバーできている顔の作りの微妙な部分などがあからさまになります。これを見て「?」と疑問に思うときは気持ちが冷めてきている証拠かも。
「そんなことで結婚できるかジャッジ?」とはいえ、結婚には楽しいことだけでなくつらいこともたくさんあるはず。ときめきだけで決められない、と思っても今この瞬間「みっともないところすら愛せる!」と思えないならこの先も連れ添っていくのは難しいと思いませんか?結局自分の直感は侮れないものです。

愛情、経済力など誰もが気にしがちな部分以外にもジャッジのポイントはあります。マンネリの彼にこんな違和感を感じたときは新しい恋を考えてもいいのかも?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019