好きになった人は全員運命の相手!?すべての出逢いには意味がある

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2012.10.05.Fri

いきなりですが、著者は運命の相手は1人ではないと思うんです。これまで出逢って好きになった異性は全員、運命の相手だと言っても過言ではないでしょう。なぜなら、その人を好きになったからこそ、見えてきたもの、成長できたことがたくさんあるからです。
そこで今回は、これまで出逢った相手がすべて運命の相手だと信じたくなる実話を集めてみました。

実話エピソード ①

彼に出逢う前の私は、ひどい恋愛を繰り返していました。極度のマザコン男と付き合ったり、怪しい宗教に入信している男性と付き合ったことも…。そのため、結婚に結びつくような恋愛は一度も経験していなくって「どうせ私なんて…」と、随分と卑屈になっていました。そんな時、気晴らしい友達から誘われたパーティーに参加。素敵な出逢いって、何の期待もしていない時に訪れるものですね。
そこで今の彼に声をかけられ、すぐに意気投合。来年、彼と結婚する予定です。でも、これまでの恋愛がなかったら、私の男性を見る目も養われず、精神的にも成長できなかったと思います。今の彼にも出逢えなかったでしょうね。今ではこれまで付き合った相手に心から感謝していますよ。 東京都中野区在住(28歳:秘書)

実話エピソード ②

以前の彼はDVでした。デートDVってやつです。デート中に、彼が私に暴言を吐くことも1回や2回ではありませんでした。その頃の私は心理学でいう共依存に陥っていて、彼と別れたても別れられない状態で、とても苦しかったです。夜、寝る時に「このまま永遠に目覚めなければいいな」と思ったことも…。しかし、その彼との縁を切るために通っていた心療内科で素敵な出逢いが訪れました。
仕事が忙しくて不眠症になった現在の彼と病院で出逢ったんです。隣に座っていた彼と目が合い、会話して、その日のうちにお茶をしました。それからは、どんどん彼に惹かれていく自分をおさえることができなくなって、遂にDVの彼と別れることに成功。運命の相手はひとりって聞くことも多いけど、それは嘘だと思います。私の経験からだと、DVの彼がいたからこそ、今の彼に出逢えたんです。 神奈川県横浜市在住(25歳:広報)

いかがでしたか?過去の苦しい恋愛を思い出すと、今でも胸が張り裂けそうになることもあるでしょう。ですが、それすらも、最高に素敵な異性に出逢うための「過程」かもしれませんよね。そう思うと、ひとつひとつの恋をとても尊いものに感じます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

羽音(はのん)

都内在住のライター/編集者/コンテンツディレクター。
17歳の頃、演劇をはじめ次第に舞台脚本に興味を持ち、紆余曲折を経てライターに……。映画、旅行、自然が大好き。