1度はしてみたい!女子が思う社内恋愛妄想ストーリー 6選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2012.09.24.Mon

近年、職場結婚が減っていると言われるものの、依然として会社はひとつの出会いの場でもあります。ドラマや漫画などで描かれる社内恋愛模様を見て、自身と重ねてみてキュンと来る女子もいるのでは。女子たちへ「1度は経験してみたい社内恋愛」を思う存分、妄想してもらいました。

1、エレベーターの中で

「同じ部署の1年上の先輩と密かに付き合っている私。そのことは会社の誰にも話していない。社内ではごくごく普通の先輩後輩として接するのみ。たまたま2人になったエレベーターの中で手をつなぐの。深夜まで残業した日で、確実に誰もいないときにはキスしちゃったり」(25歳/営業)

2、ついつい

「最近ちょっといい仲になった同僚男子。中途で入ってきた彼とは、1つのプロジェクトで一緒のチームになり、打ち上げ後に急接近。会社では『エンドウさん』なんて呼んでるけれど、家では『たーくん』と呼んじゃう。名前がタカシなので。あるとき会社で『たーくん』と出てしまい、周りは騒然。そこで交際発覚! うちは職場恋愛推奨の会社だから皆に祝福されるの」(28歳/エンジニア)

3、向井理似の先輩と

「仕事がなかなか終わらなくて、終電が過ぎてもひとりで残っている私。するとツカツカという足音とともに、近寄ってきたのはナカムラさん。向井理似で皆の憧れの男性社員なの。私ももちろん彼が歩いていると目で追っちゃう。そのナカムラさんがコンビニの袋を差し出して、『おつかれ。まだ終わんないの? 手伝おっか?』と声をかけてくれてクラクラ。そこで一緒に残業しているうちに、恋が芽生えるの」(27歳/編集)

4、デスクの下で

「向かいの席に座る同期男子と密かに付き合っている。時折デスクの下で足をつんつんし合うの。軽いちょっかいですね(笑)」(26歳/IT)

5、見初められて

「某大手広告会社の受付で働く私。社内で目立つ存在の男性から、ある日突然、1枚の紙を渡される。そこには連絡先が書かれていて、昼休みにそこへメールを送ってみた。すると『今夜ごはんでもどう?』との返信が。いつも私のことを気になって、通る度に見ていたんだって。それからデートを重ねるようになり、交際から結婚へいたる」(29歳/派遣)

6、部長から愛の告白

「部長と付き合っていることを誰にも言えない私。というのも、彼はバツイチ子持ちだから。でも私は部長のことを愛している。半期に1度の面談の場で、会議室に部長とふたりきりになり、彼が口を開く。『結婚しよう。会社は辞めてもいいから。俺が支える。君は俺を支えてくれ』との言葉に、私はもちろんはいと返事をする。ジ・エンド」(27歳/メーカー)

現実的なものから非現実的なものまで、さまざまな妄想が出されました。会社にいる間にしかできない社内恋愛。やはり1度はドラマチックなものを経験してみたい、というのが女子の本音!?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子