元カレを思い出さないために心がけたこと 6選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2012.09.15.Sat

とっくの昔に「卒業」したはずなのに、この街へ来るとあの人のことを思い出す。もらったプレゼントを見て、あの人のことを思い出す。高速道路からの東京タワーを見て、あの人のことを思い出す。
人間とはなんと記憶に縛られる生き物なのでしょうか。でも、よみがえった思い出で急に切なくなったり、寂しくなったり、一方的に振り回される感じなんてイヤ!
元カレを思い出さないための方法を調査してみました。

1、思い出を上書きする

「恵比寿駅西口すぐにある横断歩道は、追いかけてきた元カレを振りほどこうとしたら、抱きすくめられてキスされた、なんとも言いがたいドラマチックな記憶があるんです。でもそれを思い出すと切なくなるので、そこで新しいキスの思い出を作って更新しちゃいました♪」(26歳/編集)

2、NEW彼氏をつくる

「何をしていても思い出してしまう元カレがいました。失恋の傷がはんぱなかったでしょうね。もう次の恋で癒すしか回復は無理だと思ったので、新しい彼をソッコーでつくりました」(30歳/コンサル)

3、記憶を抹消する

「すべて忘れるようにしています。よく『そんな方法があるのか』と聞かれるのですが、妄想したり想像したりして、記憶をねじ曲げればイケます。まったく違った記憶にしてしまえば、もう気になりません」(27歳/クリエーター)

(編集注:さすがクリエーターですね……言うことが違う。)

4、カスタマイズする

「部屋にあるクッションは元カレからのプレゼント。マッサージ機能付きのいいコなんです。だからあげたくないし、捨てたくもない。でも見たら思い出すのでカバーをかけて解決」(29歳/営業)

5、近寄らない

「代官山の大通りにある高級マンションに住んでいる元カレ。私はよくそのあたりへ行くので、必然的にそこを通るんです。で、たまに彼のクルマが停まってるのを見たり……。それが辛いので少し遠回りになっても、別のルートを通るようになりました」(28歳/IT)

6、体験済のデートコースは選ばない

「私は特に『誰とどこへ行った』という点での記憶力がスゴいんです。だから元カレとのデートコースもすべて覚えています。そこへは行きたくない、行ったら絶対に思い出すという自信があるので、既出のコースは避けるようにしています。それもあって今カレへ自分から提案することが多いです」(27歳/メーカー)

かたちを変えたり、避けてみたり、消してみたりーー各々の女子の工夫のほどがうかがわれます。新たな恋をすると大抵の場合、元カレのことはすっかり頭から消え去ってしまうもの。うーん、なんだか切ないです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子