一度関係を持ったら最後?恋愛において男性が勘違いしがちなこと 3選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2012.09.25.Tue

恋愛における男女の違い…それによって、大きな誤解が生じることも少なくありません。著者が知る限りでは、男性はかなりのロマンチストで夢見がちな印象です。どちらかと言えば、女性の方が現実的な思考を持っていると言えるでしょう。
そこで今回は、恋愛において男性が勘違いしがちなことを3つピックアップしてみました。

一度関係を持った相手はいつまでも自分のことを好きだと思っている

男性は一度ベッドインした女性は、いつまでも自分のことを好きだと思ってしまうことが多いそう。たとえその女性から冷たい態度を取られたとしても「自分に気があるから、そんな態度を取ったんだ」と都合の良いように解釈してしまうのだとか…。
しかし、女性は一度関係を持ったからといって、相手のことをずっと好きでいるなんてありえません。むしろ女性の方から連絡してこないのなら、相手の男性のことを「気持ち悪い」「二度と顔を見たくない」と生理的にダメになっている可能性だってあります。

好きな女性が言ったことはすべて自分の都合の良いように解釈

男性は恋をすると、冷静さを失います。恋に「落ちる」という有名な表現があるくらいですから、ある意味理性を失うことが、恋をすることなのかもしれませんね。ですが、男性は好きな女性が発するひと言ひと言を自分の都合の良いように解釈してしまう傾向があるんです。
たとえば「私、筋肉質な人が好き」と好きな女性が言ったとします。すると、自分が少しでも筋肉質なら「この子、俺のこと好きなんだ」と即勘違いしちゃうので注意が必要。対処法としては、その男性のことが好きじゃないのなら、その男性とは正反対のタイプを好きと言うことでしょう。

気になる女性から恋愛相談されるとチャンスだと思ってしまう

女性はただ話を聞いて欲しいという理由で身近な男性に恋愛相談することがあります。自分で話して、自分で納得するのが女性なんです。でも、相談した相手を間違えてしまうと大変!あなたに気がある男性だと「大チャンス到来」だと勘違いされてしまいます。そういった男性の脳内では、恋愛相談をされる=心を許している=自分に気がある、と勝手に変換されてしまうことがあるんです。
どうしても男性に恋愛相談したいのなら、まったく自分に気がない相手を選ぶことが大切でしょう。

いかがでしたか?男性と女性の違いを知っておけば、余計なストレスを感じずに済むことが多々あります。自分とは違う異性という存在だからこそ、慎重になることも、時には大事でしょうね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

羽音(はのん)

都内在住のライター/編集者/コンテンツディレクター。
17歳の頃、演劇をはじめ次第に舞台脚本に興味を持ち、紆余曲折を経てライターに……。映画、旅行、自然が大好き。