大事にされすぎてた?この人「箱入り息子」だなと感じた瞬間 6選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2012.09.27.Thu

男子のふとした言動から「甘やかされすぎてたな」「ちゃんとしているな」などと、育ってきた環境は簡単に見えてくるもの。あまりにも環境が違いすぎると、価値観にズレが生じるので上手くやっていけない可能性も。男子と一緒にいて「この人って結構な箱入り息子だな」と感じさせられたエピソードを調査してみました。

1、門限を設けられている男子

「友人の紹介で知り合ったA男。そこそこイケメンで悪くないので、私から誘って2人で会うことに。仕事帰りに飲みに行ったのですが、22時頃2軒目を打診したところ『門限があるんだ』との回答。なんと23時までには帰宅命令が出されているらしい。ちなみに彼は28歳。どういう家庭なのよ? 厄介そうなのでもう追わないことにしました」(27歳/コンサル)

2、チェーン店居酒屋を嫌がる男子

「仕事の関係で参加したイベントで知り合ったB男と意気投合し、飲みに行くことになりました。給料日までお金がなかったので、渋谷センター街にある一般的なチェーン店居酒屋に入ろうとしたら『絶対嫌だ』とB男。『こんな安っぽいところ、1~2回来て嫌になったよ。だから絶対入りたくない』とのこと。『今あまりお金がないから』と言うと、オシャレなダイニングバーで奢ってくれましたが、なんとなく感じ悪い。そこまでマズいわけでもないでしょうと思うのですが……」(26歳/IT)

3、怒られたことがない男子

「初夏から私のチームに配属されてきた新入社員C男。この子が『もうなんなの……』って、こちらがぐったりしちゃう感じなんです。ミスが多いので叱ると『こんなに声を荒げる人なんて初めてです。母から怒られたこともないですから』なんて言ってくるんですよ。相手をすることすら疲れちゃいます」(30歳/営業)

4、36歳・実家・交際経験なし男子

「合コンに来ていたD男が強烈でした。スペックは36歳、実家住まい、童貞。国家公務員なので収入はそこそこあって結婚向きの人でしたが、ちょっとなぁと。なんと初めて合コンに来たというんです。『よく分からない人が来る合コンなんて行っちゃダメ』と母親に言われ続けていたらしいんです。それにもびっくり、というか引きます。全然喋らないし、女子を楽しませようともしないし、盛り上げようともしない。どうなってるの?」(28歳/編集)

5、常に格式高い店に連れて行く男子

「付き合って2ヶ月のE男といても、あまりリラックスできません。というのも、彼はグルメな人で色々なお店に連れて行ってくれるのですが、毎回フレンチとか懐石料理とかカウンターのお鮨とか、格式ばったところばかりなんです。しかも食べログで人気だから、1ヶ月前くらいから予約してるんです。私はもうちょっと楽なお店がいいんですけど、彼はそういったお店にしかむしろ慣れていないというんですよね。普通の居酒屋に行けないのが寂しい」(27歳/アパレル)

極端な「箱入り男子」たちの姿が浮き彫りになりました。しかし逆に考えると、育ちはいいであろう彼ら。変えられる習慣もあれば変えられない習慣もあるので、許容できる箱入り加減であれば、恋愛候補としてウォッチしてみるのもありなのかも知れませんね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子