思わずドン引きしちゃう!アーティスト気取りの男子たち

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2012.09.25.Tue

何を勘違いしているのか分かりませんが、女子に対してやたらアーティスティックな行動に及ぶ男子がいるらしい。ロマンチストも行き過ぎると大変ですよね。巻き込まれたくない! アーティスト気取り系男子たちのエピソードを調査しました。

1、歌詞の一部をメールしてくる男子

「昔付き合っていた男子が、メールにラブソングの歌詞をそのまま入れてくる人でした。あるときケンカし後に『君が泣いて笑って その度心を揺らすもっと強くありたいって想いで胸は震えている』といきなりメールが届き、やたら詩的だなと思ったんです。そこでちょっと引きました。『何なの?』と聞くと、ミスチルの『祈り涙の軌道』という歌の歌詞だというんです。そのままこれだけ送られてきても……。手抜きすぎでは?」(29歳/営業)

2、手作りミサンガをくれる男子

「自称・ハンドメイドが好きな彼。あるとき『付き合って1年記念だから』と言って取り出したのは、子どもが作って失敗したかのような、刺繍糸で作られたミサンガ。ところどころ糸が飛び出ているし、配色センスは悪いし、いかにも下手な人が作ったという感じで、とても付けられる代物ではありません。目の前では付けてみせましたが、帰宅後は机の引き出しに封印。ペアで作っていたらしく、彼は常に身に付けていましたが、頃合いを見計らって『変なのでやめた方がいい』とハッキリ言っちゃいました」(27歳/IT)

3、自作の曲を送ってくる男子

「社会人バンドを組んでボーカルを担当している男子と付き合っていました。作詞作曲をする役目でもあるらしく、自分でラブソングを作るのはお手の物。ということで、記念日ごとに自作の曲を送ってくるんです。CDに焼いてくれていました。それがトレンディドラマを彷彿とさせるものばかりで、甘すぎて微妙な気持になっていました。曲以外にプレゼントをもらったことなんてないですよ。それもあってなんだか素直に喜べません」(28歳/システムエンジニア)

4、似顔絵を誕生日プレゼントにする男子

「元彼は『俺は絵だけは自信あるんだよなー』などと豪語する人でした。全然上手くないんですよ。完全に勘違いです。適当にスルーしていたのですが、私の誕生日にレストランを予約してくれて、そのときに大きなプレゼントを店に用意してくれていたんです。何だろうと思って開けると私の巨大な似顔絵。サプライズのケーキを出された瞬間に、そのプレゼントも披露されたので、店内の注目が集まってしまい、恥ずかしかったです。子どもが描いたとしか思えない、ひどい絵でしたから」(26歳/IT)

彼らとしては良かれと思ってやっているのかも知れませんが、間違った方向に向かっている場合は、軌道修正をしてあげた方がいいのかも知れません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子