その夏の恋、捨てる?進める?腐った恋の種を見分けるジャッジポイント 

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2012.08.18.Sat

夏は出会いも多く、恋の種があちこちで見つかるもの。パッと始まるひと夏の恋は勢いもトキメキもあり、男女ともに楽しいですが、最初の盛り上がりがすぎたころ、「これでいいのかな?」とわいてくる疑問はありませんか?
今、かすかな疑問をそのままにすると、秋から冬の恋人同士のシーズンを淋しく過ごす事になるかも。「その恋の種、もう腐ってる」的チェックポイントはコチラ。3つ当てはまったらその恋は捨てましょう。

出会ってその日or初デートでお持ち帰りされている

恋はタイミングなので「これしかない!」と思ったなら進めばいいのですが、基本、簡単に手に入るものは大切にする気持ちが続きにくいもの。とはいえ他に問題がなければ、投げださずにいればいい感じの恋に実る事も。

彼女持ちなのを隠そうともしない

最初は他に恋人がいることはあっても「彼女がいるんだよねー、あんまり会ってないけど」と開き直ってるのはダメ!「カミングアウト=公認」と思ったり、あなたを「彼女がいても平気でズルズルできる女」と軽く見ているケースもあります。

何気ない質問に「なんで?」とすぐ言う

「昨日の夜何してたの?」「なんで?」的なアレです。何気ない質問にも質問で返すのは「彼に誠意がない」か「あなたの束縛がすぎる」のどちらかです。会わない時間を疑うのもいいですが、まずは会ってる時間を楽しむことから始めてみては?

人に紹介してくれない・彼女がいない事になっている

誰かとばったり会った時に「彼女できたの?」と聞かれて彼が煮え切らない返事をする時も要注意。「人に言うのはのろけてるみたいで恥ずかしい」=「この子が彼女と思われたら恥ずかしい」って意味だったりしますよ!

いつも誘いが突然

本当に好きな相手なら事前に「次に会ったらココに行きたい、コレをしたい」など考えるもの。前から計画を立てて会うデートがなく、当日に呼び出されてばかりの場合は要注意。ヒマつぶしか、本命のアポが取れなかった時の穴埋め部隊の可能性アリです。

思ってた人と違う気がしてきた

彼は優しいけど本当は自分の好みとは違うんだよね…という気持ちがわいてきた時、無理に付き合う事はありません。長引かせるほどお互いの傷が深くなります。特に彼の寝顔など、無防備な瞬間の顔を見て「こんなんだったっけ?」と思うようなら、潔く次に行きましょう。

女子だけでなく男子側も急に進んだ恋に対してジャッジが厳しくなる時期があります。女子を不安にさせる男子の態度、ここにあげた「腐った恋の種」とは「脈なしのサイン」です。脈なしの恋に執着するのをやめたら、本気の恋が舞い込んでくることもあるかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019