百年の恋も冷めてしまう? 男子を引かせる女子の何気ない一言 6選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2012.09.01.Sat

同性同士ならあたりまえの言葉でも、男子からNGと思われてしまうことが……。
一度「この子はない」と思われてしまうと、もう次はないといっても過言ではありません。冷めるのは一瞬です。男子に「百年の恋も冷めてしまった」という女子の言葉をリサーチしてみました。こういった一言には要注意!

1、合コンで男ゲット自慢

「気になっていた子が『アタシ、合コンで最近成果あるんだよねー。毎回気になる人を落としてる』と自慢していて引きました。そんなに合コンにガツガツ行ってるのか……と。しかもそれをゲームのように楽しんでいて微妙な気持ちに」(29歳/銀行)

2、モテないと頑なに主張

「友人の紹介で出会ったA子は決して美人ではないけどかわいらしい。2回目のデートで『A子ちゃんかわいいよね。モテるでしょ』と軽い気持ちで言ってみたら『全っ然モテないんです!』『私なんてモテるわけがないです』とひたすらモテない自慢(?)を繰り広げられました。そこまで卑下されると困惑……」(28歳/商社)

3、イケメンしか受け付けない

「職場にいる年上のB子さん。僕のタイプの華奢な美人で、彼氏もいないという噂なので、気になっていました。ある日の飲み会で『イケメンしか無理なんだよねー。歴代彼氏がみんなイケメンだから。hydeみたいなクール系な人が多かったかな』と言っているのを聞いて、遥か遠い存在に。hydeなんてそうそういないですよね」(27歳/IT)

4、お金を払う気がゼロ

「合コンで知り合ったギャル系女子C子とごはんに。初デートだし会計は自分が持とうと思っていたのですが、席で『ごちでーす!』と一言。財布を出す素振りすら一切ありませんでした。振りでもいいので、ちょっとは払いますという意思を見せてほしかったですね」(30歳/コンサル)

5、男を立ててくれない

「最近仲良くなったD子と夜デートにと、がんばってしっとりした大人なバーを探しました。連れて行くや早々『ここよく来るんだよね』と言われて気持ちはだだ下がり。嘘でもいいから『初めてきた』『いいお店だね』とか言ってほしいもんですよ、男は」(26歳/旅行)

6、学歴重視

「仕事関係で知り合った編集者E子。キリッとしたデキる女ふうな彼女のことを気になっていました。仕事の打ち上げで飲んでいたところ恋愛の話に。E子が『高卒の男はまずないな』と一言。『最低でも早慶あたりは出ていてほしい。アタシが早稲田だからさ』と続けていて、高卒・専門の俺は勝負すらできないんだなと。自分がそうだからって、そこまで相手の学歴にこだわる必要ってある……?」(29歳/カメラマン)

何気なく放った一言が地雷を踏んでしまうことはあります。男子は女子以上に繊細な生き物だということを忘れずにいたいものです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

フリーランスの企画ライター。86年生まれ。
楽天でポータルサイト運営、ITベンチャーでメディア運営を経て独立。主な執筆ジャンルは、恋愛、Web、ガジェット、新しいモノ、働き方、イケメンなど。
現在はGoogirlのほか、R25、ITmedia、Impress、J-cast、ウレぴあ、gooなど、10媒体以上に執筆中。
著書に『フリーランスで食っていきたい!』がある。
ブログ『Sonoko Blog(http://sonoko0511.jp/)』でも発信中!
  写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子