結婚生活に満足するために!婚活焦りの解消シート

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2012.07.29.Sun

アラサーも中盤戦となると、次第に結婚に焦るもの。周りを見渡せば結婚を決める同世代も多いし、出産のことを考えるとそろそろ・・・と思いますよね。しかし、これから長くて50~60年と続く結婚生活。焦っては事を仕損じます。
婚活に焦っている人に、焦りを解消するシートを作成しました。このシートで焦りを解消し、これからの50~60年を満足行くものにするための手立てにして下さいね。

ステップ1 何で焦っているか?

そもそも何故自分は婚活に焦っているのでしょうか?
実はここを明確にすることで、婚活へのスタンスも変わってきます。婚活に焦る理由には、以下のようなものが出てくるでしょう。

1、周りの友達が結婚し始めた
2、家族や親戚にせかされる
3、皆してるし、なんとなく結婚したい
4、33歳までに子どもを産みたい
5、専業主婦になりたい

他にも浮かんでくると思います。自分の気持ちに正直になり、全て焦る原因を思い浮かべ、紙に書いてみましょう。

ステップ2 読み返して客観的な意見を考えよう

婚活に焦る理由を読み返して、客観的に批評してみましょう。あくまで私情や感情はゼロで、友達にアドバイスする気持ちで考えてください。
例えば1番の場合、周りの友達のペースは周りのもの、あくまで自分のペースとは違います。友達と同じ性格や仕事、服の趣味は持てないのと同じで、人それぞれが当たり前。3番は要注意。皆が当たり前にすることが、自分に合うとは限りません。結婚したい理由を明確にする必要があります。

ステップ3 何で結婚したいのか?

客観的な意見を見て、もう一度何で自分は結婚がしたいのか?考えてみましょう。
好きな人と一生一緒にいたいのか、子どもが産みたいのか、家族が作りたいのか、一人が恐いのか、専業主婦になりたいのか・・・
その中から前向きな意見を選び、結婚への意思をかためること。マイナスな意見、皆と同じがいいという意見では、約60年間の結婚生活は続きません。
もちろん世間で当たり前のことが、自分も当たり前になるとは限りません。人間は結婚脳と恋愛脳があり、結婚向き・恋愛向きのタイプに分かれます。本来は恋愛向けだったり、結婚に向かない人も多いのです。本当に自分は結婚がしたいのか、よく考えてみましょう。

ステップ4 結婚相手・生活の優先順位を決める

前向きに考え、それでも結婚したいと思うなら、結婚相手・生活に求める優先順位を決めましょう。
そもそも結婚のタイミングには、大きく分けて3つあります。1,「一緒にいた相手と結婚したいと思った」2,「結婚したいと思う相手と付き合った」3,「妊娠した」。
婚活を考えている皆さんは、2番目のケースになる人が多いと思います。なので結婚に求めるものは明確化し、優先順位をつけておいた方が良いでしょう。希望に全て当てはまる人があらわれる可能性は、多分そう高くないはず。また選びすぎると結婚できない可能性も高くなります。優先順位とその重要度はある程度考えておきましょう。

いかがでしたか?
「なんとなく」の状態が一番焦るのです。自分の本音と向き合い、それに即して行動すれば、焦りを消し、自然な態度で相手と向き合うことができます。
是非今後の約60年間、満足のいく人生が送れるような相手を探してみてくださいね。

ライター:宮野茉莉子
証券の営業を経て、現在フリーライター&子育て中。読書、写真、旅、お酒、哲学が好き。「哲学=アート。自由▽ オリジナリティー▽ 実験的に物事を考える。」がモットー。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/