クリスマス前に簡単手作りリースの作り方!

クリスマス気分を盛り上げるインテリアに欠かせないものといえば、季節感たっぷりのクリスマスリース。とはいえ、お店で買うと意外にいいお値段がしてしまう。そこでぜひ試してほしいのが、毛糸とフェルトで手軽に作れるクリスマスリース。松ぼっくりや植物の蔓、お花などで作られたリースが多いけれど、毛糸とフェルトで作れば、もっと柔らかくスイートな印象に。色の組み合わせによってガーリーにも、エレガントにも作ることができるので、お部屋の雰囲気に合わせて作ってみて!

用意するもの

・リースの土台(手芸店で売っている、発泡スチロールや木の枝製のもの)
・毛糸 1玉
・フェルト 作りたいバラの数ぶん
・壁からつるす用のリボン(ヒモやレースでも可)
・ハサミ
・グルーガンか手芸用のボンド

作り方

⇒作り方の詳しい写真はコチラに載っています!参照してください。
1 リースの土台が枝でできている場合は、サランラップでぐるぐる巻きにし、枝をカバーしておこう。カバーすることによって、毛糸が巻きやすくなるうえ、部屋が汚れにくくなる。

2 次に、土台に毛糸をぐるぐる巻いていく。巻き始めと巻き終わりは、結んでしっかりと留めておくこと。毛糸を完璧に一列に並ばせるのはかなり難しいけれど、少しジグザグになったほうが手作り感がでるので気にしなくて◎。また、毛糸を何色か組み合わせて使ったり、グラデーションの毛糸を使ったりすると、また違った雰囲気のリースが楽しめる。

3 ここからはフェルトで花作り。まず、フェルトを丸く切り抜こう。このとき、外側のラインがゆるやかな波形になるように、小刻みにハサミを動かしながら丸く切るのがポイント。いきなり切る自信がないひとは、チャコペンを使って下書きして。ちなみに、丸が大きければ花が大きくなり、丸が小さければ花も小さくなる。

4 次に、3の丸が1本のリボン状になるよう、螺旋状に切っていく。最後に丸か楕円形の中心部分が残るが、そこがバラの底の部分になるので切り落とさないように!

5 フェルトの端(ハサミを入れ始めた場所)から、ぐるぐる巻いていく。最初はほどけないよう、きつめに巻いていこう。ある程度巻いたら、花びらの外側になるにつれ、ゆるく巻いていくとバラらしくなる。小さめの丸から螺旋を切り、最後までゆるめずにきつく巻けば、つぼみのようなバラになる。

6 最後の丸(楕円)の手前まで巻いたら、その丸(楕円)と花の底をグルーガンかボンドでくっつける。

7 3~6を繰り返し、リースにつけたいだけバラを作る。少しずつバラの大きさを変えたり、何色か違う色のバラを作ると、それだけで華やかな印象に。

8 グルーガンかボンドを使って、バラをリースにつけていく。このとき、ほかにつけたい飾りがあればつけておこう。

9 リボンやレース、ヒモなどをリースの上部に通し、つり下げ部分を作れば完成!

Screenshot:calebdanielle.blogspot.com
参考記事:take heart: DIY: yarn wreath with felt flowers

 
Googirl編集部

Written by: Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!

 

トラックバック & コメント

この投稿のトラックバックURL::
コメント