アメリカの心理学に学ぶ! 仕事の壁を克服する方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.03.17.Thu

今回の大震災で仕事に支障や変化が生じた人もたくさんいることだろうと思います。まだまだいろんな意味でつらい状況が続いていますが、そんななかで仕事をするのがつらくなったり、このままでいいのだろうかと考える人もいるのではないでしょうか。
仕事での行き詰まりを感じたり、悩んでいる人のために、フィラデルフィア(アメリカ)在住の臨床心理学者ジュディス・シル博士がアドバイスをしています。

まず、はじめに覚えておきたいのは、仕事の経歴というのはなかなかまっすぐ一本道にはいかない、ということです。ジグザグの試行錯誤があったり、後退、収入ダウンなどいろいろな回り道があるものです。
ですから、たとえ、一時的に落ち込むようなことになっても、けっして沈んだ気持ちを引きずらないことが何よりも大事だといえます。

予算削減、会社の吸収合併、マーケットの変化、不公平な上司、不当解雇。働く環境はこのような不安要素で溢れています。どのような理由であれ、もし壁にぶつかったとあなたが感じたら、まずまっ先に行うことは、何もしないこと、です。
まず受け入れたくない現実を自分の中で消化するための時間が必要です。1週間ただぼう然と過ごす人もいれば、毎晩ベットで泣き暮す人もいるでしょう。とにかく、気持ちの整理をつけるために、”何もしない”ということをあえて選ぶのです。

そして、この”何もしない”空白期間を終えたら、あとは気持ちを切り替え、意識をオンにし、今後に向けて活動を始めましょう。現状を受け入れる、待遇改善のために奮闘する、完全に今の仕事から去る、様々な対応がありますが、その際に覚えておきたいヒントを以下に挙げます。

より大きな構想のなかで考える

今あなたがぶつかっている壁は、仕事のある面から見れば大きなことかもしれませんが、あなたの人生全般にとっては些細なことかもしれません。問題となっていることが、本当に重大なことなのかどうか、よく考えてみてください。

自分の強みを活かす

自分の得意分野や強みを把握して、これをもっと活用できる道を探すことです。自分のポジティブな面を考えることは、生産的な思考にもつながります。

会社に依存しない

自分が今勤めている会社がすべてと思わず、自分のスキルを集中的に考えましょう。会社を離れても、人材市場でアピールできるスキルを持つことが、結果的にあなたの価値を高めることになるのです。

助けを求めることは恥ずかしいことではない

仕事の壁にぶつかってつらいときは、まよわず助けを求めましょう。家族や友人、解決の糸口は思わぬところから見つかる可能性もあります。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!