体にとっても大切な酵素と野菜ジュースの関係!?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.05.25.Wed

健康でエネルギッシュな生活を送るために欠かせないバランスの良い食事。精製度の低い穀物、豆、野菜、果物を中心とした食事を心がけることが大切です。しかし、忙しくて食べる時間がなかったり、作る時間がなかったりと、なかなか理想通りにはいきませんよね。


そこでおすすめしたいのが、一度に野菜や果物の栄養をたくさん摂れる自家製ジュース。
自家製ジュースを生活の中で定番化できれば、免疫力や美肌力もアップし、健康的な生活を送ることができます。ただし、その際に注意したいのが酵素の存在。今回は野菜ジュースと酵素の関係について紹介します。

手軽に栄養が摂れる「野菜ジュース」。朝食やランチタイム、ドリンク代わりなど、さまざまなタイミングで市販の野菜ジュースを摂り入れている人が多いのではないでしょうか。野菜や果物にはビタミンやミネラル、食物繊維、食物酵素などさまざまな栄養がつまっています。野菜ジュースを飲めば、“野菜の栄養が摂れる”“野菜不足が補える”のです。

ただし、注意したいのが酵素の存在。ヒトの体内ではタンパク質の合成、エネルギーの生産、老廃物の排泄、各組織の修復と再生といった、細胞内での代謝が行われています。

この代謝をスムーズにするのが酵素。酵素は野菜でも肉でも、自然のままの食べ物には含まれています。また、酵素は体内でも合成されますが、その量には限界があるため、食べ物から摂取することが大切なのです。

酵素は生きていくためには欠かせないものですが、とてもデリケート。酵素は生のものにしか含まれず、酸化や加熱によって失われてしまうのです。野菜は加熱したほうがカラダは冷えないうえ、より多くの量を摂取することができますが、酵素の働きは失われてしまいます。酵素を生かした状態で食べるためにはサラダや野菜ジュースなど、生で調理するメニューを選ぶこと。特にジュースにすれば、一度にたくさんの量をとることができるのでおすすめです。

野菜ジュースは自家製に限りる

市販の野菜ジュースは加熱処理されているうえに、容器に入れて長期間保存されるため、酸化しています。そのため、酵素の働きはありません。

自家製のものでも空気に触れて酸化するのを防ぐために、作ってからできるだけ早く飲むようにしましょう。できれば、30秒以内に飲むと多くの酵素を摂取することができるといわれています。

ジュース作りはミキサーがベスト

一番手早く、素材の栄養成分を最も生かせる方法です。ジューサーは液体と繊維を分けてくれるので口当たりが良く飲みやすいのですが、カラダに良い繊維を取り除く分、栄養価は落ちます。スクイザーやおろし金は手間や時間がかかるため、効率的でなく続けにくい。

ミキサーは適当に切った材料と水や牛乳などの水分を入れてスイッチを押すだけなので簡単です。最近では手ごろな値段やさまざまな機種がそろっているので、自分に合ったものを選んで、ジュース作りを楽しんでください。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!