女優にして数学者!才色兼備のダニカ・マッケーラの素顔とは!?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.04.01.Fri

アメリカの女優、ダニカ・マッケーラといえば、ドラマ『素晴らしき日々』や『ザ・ホワイトハウス』などで知られています。
しかし、その美しい外見とはちょっとミスマッチなほど頭のよい才媛で、なんと数学者としての顔も持っていることをご存じの人は少ないのでは?


90年代にブレイクして以来、アメリカの若い女の子たちの間で、お手本的存在となっていた彼女も今年女ざかりの36歳。近年は、ティ-ンネィジャー向けの数学入門書を出すなど、目立った活躍をしている彼女の魅力はなんなのでしょうか。


そもそもカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に入学後も、まわりからは役のイメージばかりでみられていたことにうんざりし、学業に専念するようになったとか。
そこで、数学のもつ問題解決のプロセスや難問に挑戦することに、どんどんはまっていったといいます。

しかし、アメリカでも“数学は男のやる分野で、女が興味を持つものではない”という古い考えは強固に残っており、女は無知でも、外見が可愛くて、セクシーなことが一番重要だ、といった社会的な見えないプレッシャーがあるといいます。
マッケーラが、数学入門書を出版する気持ちになったのも、そんなイメージや世間の思い込みを払拭したいという思いからでした。

男性雑誌に下着モデルとしてグラビアに登場する一方、硬派な新聞ニューヨーク・タイムズの科学セクションでは現在取り組んでいる数学定理について記事が掲載される、というこの二面性。この二面性こそ、彼女のユニークな個性ですが、マッケーラはこんなメッセージを発しています。
“誰だって、望むものすべてになることができます。女として可愛くセクシーであることと、頭がよいこと、どちらかを選ばなければならない理由などどこにも無いのです。”

日本でも男より数学ができる、なんてネガティブ要因になったりしないでしょうか。女性だって知性は大きな魅力になるはずです。
やはり、外側の美しさも内面の知性も両方磨いてこそ、総合的な女子力アップにつながるのだと、マッケーラのメッセージは私たちに力強く訴えているような気がします。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!