できてるようでできてない!?オンとオフの上手な切り替え方

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.10.30.Sun

仕事上のミスや、会社の人間関係の悩みを、退社後家にまで持ち帰ってしまうことがありますよね。実はオンとオフの切り替えがうまく出来ている女子は、全体の3割にとどまるという調査結果が出ています。自分で区切りを作らないと、オンとオフはなかなか上手に切り替えができないもの。しっかりオンとオフを切り替える方法をご紹介します。

時間を決める

オンとオフを切り替える上で重要なのは、時間のコントロール。「この仕事は何時まで」「残業は何時まで」と自分で決めましょう。ダラダラ続けていても効果はでません。時間を決めれば集中して仕事が出来ます。

オンをしっかり終わらせる

一日の仕事の終わりに5分間、その日の仕事内容を確認する時間を作りましょう。小さなことでもいいので、出来たことやうまくいったことを、必ず1つあげることが大切です。反省点も書いておきましょう。
仕事用の手帳に書いておくと、後で確認しやすいです。同時に、明日の仕事内容も具体的に確認しておきましょう。特に忙しい時は、明日の予定を今日中に確認しておくと、焦りやプレッシャーを家に持ちかえらないですみます。

しっかり休む

「休む」ということを軽く考えないようにしましょう。「オンとオフ」と同列されるように、オフも重要。時には仕事以上に、休むことは大切です。毎日のオフの時間を大切にして下さい。と言っても、忙しい平日にオフの時間をとるのは難しいですよね。ここでは平日のオフの時間のとり方をご紹介します。

(1)退社後にカフェで日記をつける

退社後すぐに家に帰ると、会社でのモヤモヤを家に持ち込んでしまいます。そんな時はカフェに立ち寄りましょう。カフェでその日の失敗や嫌な出来事を書き出します。大切なのは、「こんなことを考えてはいけない」「恥ずかしい」と、書きとどまらないこと。溜め込んでしまうといつまでモヤモヤは消えず、解消するのに時間がかかります。ありのままの自分の感情や考えに向き合う勇気を持って下さい。その紙は家に帰ったら捨てればいいのです。

(2)退社後に映画を見る

失敗や嫌なことばかり考えてしまう頭から、「意識をそらす」ことが大切です。映画は座って見ているだけで全く違う世界を見ることができるので、仕事を忘れる時間を作るのにオススメです。体力があるなら運動や、友達に会うのも良いでしょう。

(3)何も考えない、ゆとりの時間を作る

忙しい毎日だと、ゆとりのある時間はなかなか持てないもの。意識して「ゆとり時間」を作りましょう。例えば、電気を消してアロマキャンドルをたいてお風呂に入る、朝10分のコーヒータイムをとる、など。その時に重要なのは、できる限り「何も考えない」こと。起きている間は何かしら常に考えていて、頭はフル回転しています。たった10分でいいので、何も考えないで頭を休めてあげましょう。

ライター:Miyano
証券の営業を経て、現在フリーライター&子育て中。読書、写真、旅、お酒、哲学が好き。「哲学=アート。自由・オリジナリティー・実験的に物事を考える。」がモットー。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!