風水インテリアで運を呼ぼう~寝室編~

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.03.02.Wed


人は睡眠中に寝室の気を取り込み、運を補充します。寝室が散らかっていると嫌な気を吸収してしまうので、明日への活力へとつながりません。
風水インテリアにおいて寝室は玄関の次に大切なポイントとされています。ぜひ玄関風水にトライした方は、寝室風水にも挑戦してみてください。

①まずは掃除が基本!

まずは良い気を循環させるために、寝室を掃除します。寝室の外に出せる家具はいったん全部出して、隅々まできれいにします。

②カーテンはレースとカーテンの2種類にする

寝室は運を吸収するための部屋なので、運を逃がさないように対処しなければなりません。
カーテンが一重だと良い気が窓から流れ出てしまいます。レースとカーテンの2つを使えば、良い気が逃げるのを防ぐことが出来ます。

③枕の位置を決める

寝室風水でもっとも重要なポイントは枕の位置。気は睡眠中、頭から吸収されるので、枕の方角が大切です。頭が冷たく足が温かい状態が理想なので、方角をそれに合わせると良いでしょう。よく北枕は避けるべきと言いますが、実は北枕が一番良い方向なのです。金運も向上します。逆に避けるべきなのは睡眠を妨げる南と西です。

④寝ている間もちょっとだけ灯りをつけて寝る

「真っ暗じゃないと眠れないよ!」「電気代がもったいないじゃない!」という方も多いと思いますが(笑)、就寝時、寝室が真っ暗だと陰気が溜まることになります。寝ている間に嫌な気をたくさん吸収してしまうので、ちょっとした灯りでよいので、つけて寝るようにしましょう。

⑤ベッド下の収納を活かす

私も初めて知ったのですが、実は人間が寝ているとき、ベッド下のスペースに運が溜まるそうです。ホコリはまめに取り除き、スペースを有効利用するためにも、衣類を収納しておきましょう。すると衣類にも運が溜り、人間関係を良くすることができます。

⑥木の気を持つ布団カバーを!

人間は睡眠中、水の気を持ちます。ですので、水と相性の良い木の気を持つコットンや天然素材の布団カバーを選びましょう。また、気の流れをスムーズにするために、カーテンと布団カバーに変化をつけましょう。例えばカーテンが無地なら布団カバーは柄物、カーテンが柄物なら布団カバーは無地にすると単調さがなくなります。

⑦寝ている姿が鏡に写らないようにする

睡眠中に自分の姿が鏡に写ると、せっかく自分の身体が吸収している運が、鏡の中の自分にとられてしまい、運気が半減してしまいます。もし寝室のレイアウト上、どうしても鏡に写りこんでしまう場合は、寝ている間は布などをかけておくなどの対策をしておきましょう。 また、寝室にテレビを置く場合も同様に布をかけておくと良いでしょう。

⑧「死」を連想させるものを置かない

風水では人形やぬいぐるみは死のイメージにつながり、陰気がたまりやすくなります。また、ドライフラワーや古くなった布、アンティークも陰気がたまりやすいので気をつけてください。ぬいぐるみを抱いて寝る子供や、抱き枕を抱いて寝る大人は結構いると思います。「死」のイメージを持つものを抱いているというころで、想像するとちょっと気味が悪くなりますね(笑)!

このように、寝室の風水インテリアはポイントがたくさんありますが、あなたの部屋で実践できることが一つでも二つでもあれば、それだけでもノープロブレム!是非明日へのパワーを風水で充電しましょう!

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!