大人のたしなみ、ワインを楽しむお作法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.02.27.Sun


デートの時に、さりげなくワインを楽しむ女性ってすてきだと思いませんか?
なにも、ソムリエばりの知識武装をしなくても、ちょっとしたヒントを知っているだけで、ワインをよりスマートに楽しめるようになります。ワインづくりの盛んなオーストラリアの雑誌でとりあげられていたヒントをご紹介します。

ワインを購入する時のコツ

値段の高いワインが必ずしもいいとは限らない。

見栄を張ってただ高いからいいワインだろうと選ぶのは、あまり賢いとはいえません。ワインは、品質が値段に必ずしも正確に反映されているとはいえない数少ない商品なのです。

ワインの味は保存方法にかかっている。

ワインはできることなら試飲して、自分で味を確かめてから買うのが理想的です。価格やメーカーはあまり参考になりません、ワインの味を左右するのは、実は保存方法にあるからです。ワインの保存法をちゃんと実践しているお店で買うようにしましょう。

ワインの保存法のコツ

未開封ワイン

コルク栓のワインは、必ず横に寝かせるようにして保存しましょう。これはコルクを湿らせておくためです。
ただし、スクリューキャップのものはこの限りではありません。また、古いワインは、開封する1日前にボトルを直立させておき、オリ(沈殿物)を沈めるようにしておきます。

開封後ワイン

原則としてワインを開けたら、2日以内に飲み切るようにしましょう。白ワインは冷蔵庫で、赤ワインは室温が15度ほどの部屋で保存して下さい。

ワインをよりいっそう味わうためのコツ

ワインも呼吸している

赤ワインは空気に触れさせて呼吸させることが大切です。たいていのワインは、開封後20~30分かけて空気を取り込んでゆきます。また、若いワインほど、時間が必要です。デカンタやジョッキなど口の広い容器を利用して、空気をより含ませやすくするとよいでしょう。

ワインを手で温めるのは厳禁

ワインは温度に敏感な飲み物なので、グラス部分をもってワインを温めてしまうのは禁物です。あたたまると、ワインの香りが損なわれ、しまりのないものとなってしまいます。必ずグラスのステム部分(脚)を持つようにして下さい。これは白ワイン、赤ワイン両方にいえるます。

手は常に動かす

グラスを緩やかにゆらして、香りが立つようにしましょう。ゆっくりと輪を描くように動かすことがコツです。この仕草が決まれば、確実に女度がアップします。

ワインも愛情と手間をかけてあげると、味わう楽しみも一層深まるようです。お気に入りの定番を見つけたり、新しい種類にチャレンジするなど、いろいろな楽しみ方をしてください。


あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!