嫉妬心を克服する方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.03.27.Sun

英語では、“グリーンアイ モンスター(緑の目の怪物)”と表現されることもある嫉妬という感情。成功している友人や、異性からもてる恋人など、対象はなんであれ、羨ましいという気持ちや妬みをある程度もつこと自体は、普通の人でもよくあることです。
しかし、病的に相手を問い詰めたり、コントロールしようとするとなると、危険な状態といえます。そこで、嫉妬心にうまく対処する方法を考えてみたいと思います。

まず最初に気付いておくべきことは、誰にでも多少の嫉妬心はある、というものです。相手への信頼や寛容の欠如、恋人を失う不安、率直な会話を行う能力の不足、といったことが嫉妬心をおこす引き金となります。こうしたネガティブな感情は、“私たちは他人になんでも要求することができ、コントロールする権利がある”という心情から発すると考えられます。

嫉妬心を抱えた人間は、批判、軽蔑、保身、拒否反応、といった特徴的な態度を示すようになります。自分自身、あるいは自分のパートナーにこのような態度がよくみられると思ったら、すぐに対策を考えるべきです、対処が遅れるほど、心に宿った嫉妬や疑心暗鬼は根深いものとなり、事態の改善が難しくなるからです。

嫉妬心を克服するもっとも大切なことは、常に不安要素を取り除く努力をし、自分自身にも相手に対しても誠実な態度を保つことです。また、カップルなら、お互いの恋愛観に食い違いがないよう、早い段階でお互いの気持ちを正直に打ち明けておくことが重要です。

嫉妬心を克服するためのヒント

明確な理由もないのに嫉妬を感じることがあることを覚えておきましょう。

例えば、自分の恋人やパートナーがパーティーで異性と話していたからといって、それがただちに浮気につながるということにはなりません。

しょっちゅう嫉妬や不安感にさいなまれる気持ちがしたら、正直に恋人や相手にその感情を説明しましょう。

相手に対し、攻撃的になるのではなく、“あなたが○○○すると、私はこういうふうに受けとってしまう”と相手を責めないような言い回しを工夫してください。

自分をひとりの人間として尊重し、自信を持つようにしましょう。

気のおけない友人や家族と時間をすごし、常に自分を肯定する習慣をつけてみてください。

あなたのパートナーもまた独立したひとりの人間であり、プライバシーがあることを尊重しましょう。

相手のことをコントロールしようとせず、信頼を築くことに集中することが大事です。

けっして怒らないこと。

会話をしている時に、攻撃的になってしまうと、個人的な力や判断力をすべて失ってしまいます。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!