「梅干し3個分のクエン酸」が肥満防止・疲労回復に!『飲む梅干し』でヘルシーライフを送ろう

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

皆さん、夏バテしていませんか?
早くも猛暑となる日が続き、何だかいつも以上に疲れてしまう……。そんな人は意識的に疲れ予防をしておきたいところ。毎日の生活へ手軽に取り入れられるものはないかと思い探してみたところ、忙しい女子たちにぴったりな商品を発見しました。それは梅干の梅翁園の「飲む梅干」
梅干しを飲む?と驚いてしまう人もいるでしょう。しかしこれが意外と美味しい。また梅干しの栄養パワーがとにかくスゴい。早速「飲む梅干し」の秘密を探ってみましょう。

クエン酸の働きに大注目!

「飲む梅干」には梅干し3個分のクエン酸が入っているのが特徴。最初にクエン酸についておさらいをしておきましょう。
疲れやストレスなどでクエン酸回路の働きが鈍ると、体内に乳酸が蓄積されてしまいます。この乳酸をエネルギーに変えられないために、身体に疲れの症状が残ったままになってしまうのです。クエン酸には乳酸や余分な脂肪を燃焼させてエネルギーに変えるだけでなく、身体に活力を与えて疲労を回復させる効果があります。ダイエット・体型維持を考える上では、必須の成分ですね。特に運動前・運動中に摂取することで乳酸が筋肉に溜まりにくくなり、疲れにくくい身体になります。

ミネラル豊富で飲みやすい

原料にもこだわりがあります。紀州みなべ産の完熟南高梅を、塩漬けにする工程で得られる梅酢には、クエン酸のほか、リンゴ酸などの有機酸、カルシウム、鉄分などのミネラル類が含まれています。また青梅をじっくり煮詰めると抽出される梅肉エキスも入っています。こちらには糖質とクエン酸が結合して生成される貴重な成分「ムメフラール」が含まれています。
さらにびわなどの植物種子を、特殊な製法で発酵液化した新成分も配合。つい不足してしまいがちな、亜鉛などのミネラルを補えますよ。
オリゴ糖などもブレンドされているので、ただ酸っぱいだけではなく飲みやすいこともポイントです。125mlと量もちょうどいいくらいです。持ち運びできるサイズも嬉しい。これなら毎日の習慣にできそうですよね!

1週間飲み続けてみました

最近働きすぎているのと、この夏の暑さにやや疲れていたこともあり、私も梅翁園「飲む梅干」を試してみることに。1週間毎日おやつ代わりに飲むようにしました。
確かに酸味は感じるものの、わずかに甘さもあり、カフェなどで出されるお酢ドリンクとしか思えません。飲みやすいのがとても魅力的です。デスク脇に箱ごと置いてあり、いつでも飲める状態にしています。
朝はあまり得意ではなく起き抜けにダルさがあったものの、飲み始めてからは朝が少し楽になったような気がします。また暑くて運動をサボりがちなのですが、体重も増えておらず現状維持しています。これも乳酸や脂肪を燃焼してくれるクエン酸効果なのでしょう。

ネット上には「実際に飲んでみると想像していたより酸っぱくなくて、甘酸っぱい感じでとっても飲みやすくておいしい」「お風呂上りに1本飲んでいるのですが、寝起きがいつもよりすっきりしているし、体も疲れにくくなってきました」など、飲みやすくて身体がスッキリとしたというコメントがたくさん寄せられています。夏バテ防止にも役立ちそう!
初回限定お試しセット18本入りで送料込1,800円!。1日1本100円で健康な身体になれるというのはお得かも。「身体が疲れているかも……」という人は1度試してみてはいかがでしょうか。

【参考】
梅干の梅翁園 梅酢ドリンク「飲む梅干」

ライター:池田園子

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子