美味しくて!安心な野菜が食べられる『らでぃっしゅぼーや』の有機・低農薬野菜

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

スポンサード

毎週宅配で、基本「反農薬」の農産物を届けてくれる『らでぃっしゅぼーや』。今回は実際に届けられた野菜を使って調理してみました。「安心できる野菜が食べたい」、「料理の腕をあげたい」女子はもちろん、「レパートリーが少なくて料理がマンネリ化してきている」女子も必見です。

⇒有機・低農薬野菜セットを気軽にトライアル 『らでぃっしゅぼーや』

コースについて

毎週一回、決まった曜日に届けてくれる基本セット。今回試したのは、「バラエティ野菜・果物SSコース」。「1~2人向けで、卵6個、野菜約8種、果物約2種が入って2,527円のセット」です。一人暮らしで自炊をするには、ちょうど良い量。毎週届けば、自然と自炊が身に付きますよね。
自分で買い物をすると、毎回同じ食材ばかりになってしまうのが悩みどころ。このセットは、季節に合わせて年間で約140種類の野菜を届けてくれます。自分では買うことのなかった野菜を試せるので、料理のマンネリを打破し、レパートリーの増加に。「初めての野菜はレシピがわからない」という悩みにも対応。同封の用紙に、届けた野菜で作れるレシピがのっています♪

ここが嬉しい!

1、基本「反農薬」で、安心・美味しい・栄養満点

らでぃっしゅぼーやの野菜や果物は、100%契約生産者から直接買い付け。「環境保全型生産基準(RADIX)」で定めた、有機農産物を含む農作物のみを採用しているので、安心して農産物本来の味を楽しむことができます。
野菜・果物には土壌消毒や除草剤を使っていないので、にんじんも皮まで食べてOK。野菜の栄養を丸ごととれるのも嬉しいですよね。子供にも、安心して食べさせることができます。

2、野菜価格が高騰しても、値段は一定

猛暑や台風の影響で、野菜価格の高騰が目立ちますよね。らでぃっしゅぼーやなら、野菜価格が高騰しても値段は一定。予定していた食費がオーバーということがなくなり、家計管理がしやすくなります。

3、ダンボールはリサイクル

ダンボールって、ゴミに出す時に崩すのが面倒だし、運ぶのも一苦労ですよね。らでぃっしゅぼーやは、次の週の配達時にダンボールを回収してくれます。捨てる手間が省けるし、エコにもなります。

セット内容

実際に届いた内容はこちら。

にんじん2本、れんこん2個、かぶ5個、ブロッコリー1個、キャベツ1個、ほうれん草1パック、水菜1パック、ニラ1パック、卵6個、みかん7個、キウイフルーツ2個
思ったよりも量がたくさん入っていました。これだけあれば一週間分の夕飯や、お弁当作りにも役立ちます。
人参やかぶについていた土が新鮮さを思わせます。キャベツやれんこんも大きくて満足。スーパーに売られているよりも、野菜の色が濃いのが印象的です。

卵を割ってみると黄身の色が濃いのも印象的。「平飼い」という、明るく開放的な鶏舎でストレスなく走り回っていたにわとりの卵なので、味も濃くてトロッとしています。調理してもいいのですが、卵がけご飯として食べるのがオススメ。

全ての野菜・果物の生産者名と、生産場所の住所が記載されている紙が同封されていました。そこにはなんと農薬等の使用状況まで。内容を見ると、ほとんどが無農薬!使用されている農薬も、JAS法有機農産物許容農薬で、使用された農薬の成分数まで記載されているという徹底ぶりです。この用紙を見て、改めて農産物の安全性を実感することができました。

食べてみました!

届けられた野菜を使って、実際に調理してみました。

キャベツの肉みそかけ

こちらは同封用紙に書かれていたレシピ。作り方も簡単で、約5分で作れました。実際食べてみると、キャベツのうまみと甘味が、肉みそに引き立てられて美味しい!キャベツが新鮮だからこそ、美味しく食べられるレシピだなと思いました。

水菜とブロッコリーのぺペロンチーノ

ゆでたブロッコリーと豚肉、キノコを炒めて、最後に水菜をのせたぺペロンチーノ。ブロッコリーの味が濃いので、ぺペロンチーノにして正解でした。野菜本来の甘味が味わえます。水菜もシャキシャキしていて、いいアクセントになりました。

最後に

このように『らでぃっしゅぼーや』は、安心して食べることができるだけでなく、価格も一定、レパートリーまで増えます。食材にこだわり、やりくり&料理上手の女子は、男子にも一目置かれる存在に。『らでぃっしゅぼーや』で、女子力をアップさせてみてはいかがでしょうか。

⇒有機・低農薬野菜セットを気軽にトライアル 『らでぃっしゅぼーや』

ライター:Miyano
証券の営業を経て、現在フリーライター&子育て中。読書、写真、旅、お酒、哲学が好き。「哲学=アート。自由▽ オリジナリティー▽ 実験的に物事を考える。」がモットー。

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!