女性は必須!? 冷えないカラダを作るホットドリンク

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.02.09.Wed


冬はもちろん、エアコンや冷たい飲み物の影響などで夏でも冷え問題は深刻。冷えというと“手足の末端が冷たい”ということが浮かぶかと思いますが、それだけではないのです。
最も注意したいのがお腹の冷え。手足は冷たいと実感できますが、お腹の中は冷えが実感しにくいのです。特に女性は子宮という大切な臓器を持っているため、血液がたくさん集まる骨盤周辺は冷やしてはいけません。冷えると血液の流れが滞り、腸や子宮などに影響する可能性があります。放っておくと生理痛をはじめ、子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科系トラブルにつながることもあるのです。
冷え解消には運動をして筋肉をつけることがあげられますが、何よりもまずは温めることが大切。効果的にカラダを温める自家製ホットドリンクを紹介します。

おすすめホットドリンク

甘酒

甘酒は豊富な食物繊維やビタミン、オリゴ糖などが含まれている栄養満点の食品。また、腸内環境も整えてくれるので、便秘が気になる人にもおすすめです。
ショウガを入れてシンプルに飲むのも良いですが、牛乳や豆乳で割ると味がマイルドになって飲みやすくなるうえ、良質なタンパク質も補給できます。

甘酒+豆乳

豆乳のもとである大豆には、女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つイソフラボンが豊富。
老化防止やシミ、くすみなどの肌トラブルの予防や、子宮を健やかに保つ作用などが期待できます。冷えは、肌トラブルや婦人科系トラブルを招く恐れがあるため、それらの予防にもおすすめです。

米麹の甘酒

また、米麹を使った甘酒なら麹による独特な甘さもあるため、カラダを冷やすといわれる砂糖を少量にすることもできます。

赤ワイン

ホットワインは古くからヨーロッパでカラダを温める飲み物として有名。微量のアルコールで血管を拡張し、血液循環をよくするといわれています。
ブドウの果皮や果肉、種、茎の一部などを一緒に発酵させるため、赤ワインにはフラボノイドやアントシアニンなど数種類のポリフェノールが含まれています。抗酸化力が高いポリフェノールは美容にも◎。

カラダを温めるには、熱が冷めにくい、とろみのあるものがおすすめ。葛は発汗作用もあるため、風邪の引き始めに良く飲まれます。秋の七草のひとつであり、昔から血行を促進してカラダを温めるといわれている食品です。
漢方のひとつである香辛料の“シナモン”をプラスすると、温め効果がアップします。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!