これだけ覚えておけば、なんとかなる!定番料理に味わい深さをプラスするコツまとめ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.02.18.Sat

レシピを見ていざ手料理を作ったけど、「なんか物足りない、味気ない」と思ったことはありませんか?
ただ焼いたり煮ればいいというわけじゃなく、料理には旨味を引き出すちょっとしたコツがあるんです。定番料理の旨味を出すコツを知って、料理上手な女子を目指しましょう♪


ハンバーグ

男子の好きな王道ハンバーグ。失敗しにくいので、彼にはじめて作るのにもオススメ。
肉汁たっぷり出すためには、とにかくコネること!手でしっかりコネましょう。ひき肉に粘り気が出る程コネればOK。そしてしっかり寝かしましょう。
焼く時は、フライパンで強火で表面に焼き色をつけたら、オーブントースターで200~220度で6~8分焼いて出来上がり。フライパンは中まで火を通すのに、かなりの温度と時間がかかるので、こげて硬くなりがちに。お店でもオーブンで焼くところがほとんどです。

カレーライス

カレーライスは、玉ねぎで甘味をじっくり出したいところ。まずは粗みじんにした玉ねぎをレンジで加熱します。その後サラダ油とバターでじっくり(できれば30分以上)弱火で炒めましょう。ルーは2種類を混ぜ合わせると美味しくてオススメ。他にも入れると美味しいのは、すりつぶしたニンニク、しょうが、りんご、トマト缶が代表的です。


お味噌汁

出番の多いお味噌汁は、ダシが命。ダシがきちんととれてないと、素っ気無い味噌味しかしなく、なんか美味しくない・・・・という結果に。
相性のいいダシは煮干だし。煮干の頭とはらわたを取り除き、500mlの水に20gの煮干を入れ、30分置いておきます。沸騰させてアクを取りながら、5分煮れば出来上がり。
市販のダシを使う際も、分量をはかってしっかり入れましょう。


調味料を入れる順番

肉じゃがなどの煮物を作る時、調味料の順番は適当という人が多い。でも実は調味料には分子構造があり、分子の大きさで味の浸透に違いが出てきます。調味料を素材に浸透させるためには、次の順番で調味料を入れましょう。
さ(砂糖、酒、みりん)→し(塩)→す(酢)→せ(しょうゆ)→そ(味噌)
これで「素材に味が入ってない・・・」という事態を防げます。


ご飯の炊き方

ご飯は白い濁りがなくなるまで研ぐ人も多いと思いますが、それだと研ぎ過ぎ。お米屋さんに美味しいご飯の研ぎ方を教えてもらいました。

① まずは水を入れ、すぐに捨てます。これを2回繰り返しましょう。
お米ははじめに水をたくさん吸います。汚れのついた濁り水を吸わせると味が落ちる原因に。汚れを取り除き、新鮮な水を吸わせるためにはじめの水は捨てます。

② お米を研ぎます。米粒を潰さないように、優しく研ぐのがポイント。できればジャーでなく、ザルにうつして研ぐと米粒が潰れにくいです。新米なら、なんと1回研ぐだけでOK。白い濁りがなくなるまで研ぐと、旨味まで逃げてしまうそうです。古米の場合は2回研ぎましょう。何回も研ぐ必要はありません。

ライター:Miyano
証券の営業を経て、現在フリーライター&子育て中。読書、写真、旅、お酒、哲学が好き。「哲学=アート。自由▽ オリジナリティー▽ 実験的に物事を考える。」
がモットー。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!