スヌーピーで学ぶ、愛や幸せのカタチとは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.02.16.Thu

世界的に有名なキャラクター、スヌーピー。彼は実はただのキャラクターではなく、「PEANUTS」というマンガのキャラクターです。新聞マンガ連載として始まったこのPEANUTSはスヌーピーの飼い主のチャーリー・ブラウンの周囲の人々の暮らしや学校生活、そしてたまにシニカルな笑いが描かれています。たまに子どもながらにドキッとするようなセリフも言うこともあり、私たちはそのセリフに何かを考えさせられたり、反省をしたりと、「面白い」だけではないのがPEANUTSの魅力。
そんなスヌーピーたちの言葉をちょっとご紹介しようと思います。

SNOOPY.co.jp スヌーピー公式サイト

Happiness is・・・?

「健康でいられるだけで十分!」 ペパーミントパティ
→成績はあまりよくないけど、元気でチャーミングなペパーミントパティ。
確かに何事も健康第一。

「忘れるのも悪いことじゃないよ」 チャーリー・ブラウン
→いつも「運」がないチャーリー・ブラウン。辛いことばかり覚えている必要はないのかもしれませんね。

「元気だせよ、勝つより負ける方がためになることが学べるよ」 ライナス
→「PEANUTS」の作者のシュルツ氏は「負けた相手のことを考えると見てられない」と大好きなスポーツの試合もなかなか見ることができなかったというエピソードがあります。そんなシュルツ氏の性格が読み取れるセリフです。

Love is・・・・?

「愛は説明できるもんじゃないよ…」 チャーリー・ブラウン
→ごもっとも。説明するほうが野暮っていうものですね。

「それに年中、愛想よくしてられる人なんている?だれもそんなことできないわ…
私に何を期待してるの?」
ルーシー
→気の強い少女ルーシーのセリフ。みんな全員と仲良くとはそう行きませんよね。
対人関係についてはっとさせられるセリフです。

「あなたのいけない所はね、自分を信じないことよ!自分の能力を信じてないのよ!」 ルーシー
→気の強い彼女ですが、こういうスッパリとアドバイスくれる優しい女の子なのです。

Life is・・・?

「わたしの考えでは世界は今日で終わりになることはありえない。
なぜなら世界のある部分ではもう明日になってるもの!」
ルーシー
→あなたが眠る時にどこかではもう朝が訪れている。これでピンときた方もいるかもしれません。学校の教科書にも掲載されている「朝のリレー」という詩を書かれた谷川俊太郎さんはこのPEANUTSの日本語訳をされています。

「人生ってがっかりでいっぱいだね」 オラフ
→オラフとは、スヌーピーの六つ子の兄弟。犬にいわれちゃ仕方ない。

「今日があなたの一生のうちで一番重要な日になるかもしれないのよ!
一日が始まるときは何事が起こるか全然わからないものね…」
ルーシー
→朝起きたときに、何が起こるかなんて誰もわかりません。
もしかしたら、今日のいまから、何かが起こるのかも。

この他にも「名台詞」はたくさんあります。それらは単行本になっていたり、心理学として取り上げられたりとスヌーピーやチャーリー・ブラウンから貰う前向きさ、心の優しさは現代人にも通じるものがあります。
あなたの生活のヒントになるような言葉が、潜んでいるかも。それがPEANUTSの魅力です。

ライター:カドカワ
「音楽と読書が趣味です。コスメを見つめるだけで幸せになれます。日々女子力向上させることが目標」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!