欧米人に見る。太っているのも痩せているのも個性!内面からする自分磨き!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.04.07.Sat

近年女性の憧れの体型といえば、とにもかくにも痩せている人。実際街を歩く女性の足も皆とても細く、体も厚みが無く、かなり薄く無理矢理痩せている人も多く見受けます。しかし、国が変われば女性に対する見方も変わる物。欧米では体型はその人の個性として考えられていて、太っている事が悪い事だとはあまり思われていないのが実状です。たんに自分に甘く太ってしまう場合もありますが、皆さんは何の為に痩せたいと思うのでしょうか?
欧米人の体型に関する考え方を知って、もっと自分の魅力を最大限に引き出して自信を付けてみませんか?


雑誌の特集や広告でもポッチャリ体型や豊満Bodyに大注目!

日本では、まだまだ細身の女性ばかりが注目されていますが、近頃欧米では、ぽっちゃり体型の女性歌手が注目を浴びたり、雑誌等でもこぞって豊満な体格の人々を表紙に起用したり、ヌード特集で何ページにも渡って紹介したりするケースまで出て来ています。


広告に採用する事で、よりリアルな女性像を表現

Ann Summers (アン サマーズ)というセクシーな下着を多く扱うロンドン市内では幾つも見かける下着ブランド、この会社の広告は毎シーズンそれぞれ面白くて目を引くのですが、今年のヴァレンタインDayには細身のモデルだけではなく、かなり豊満な体格の女性モデルを起用した事でも話題になりました。
基本的に、洋服や下着の広告には実際には見かけない位細身のスレンダー体型の女性やセクシーな女性を使う事が多かったのに、こちらの会社はもっとリアルな女性像を追求したいという事でこのポスターを作ったそうです。確かにこちらのポスターの女性は細くてスタイルバッチリ女性よりもより身近によくいそうなタイプ。そして、体型よりも何よりも顔が美しいのでそちらに目がいきます。この美しさも、内面から出て来ている物。モデル自身が自分の体型に誇りを持っているからこその輝きです。

ただ太っているのと、太っている事を誇りに思うのとでは別

ここで考えたいのは、欧米人にとって体型は恋愛にどのように関係あるのかと言う事。
私の住んでいるロンドンは、大都市で移民が多いという事もあって様々な人種の人々が生活している為か、同じように好みのタイプも実に様々です。一つ言える事は、彼等は太っているかどうかで彼女として付き合うかどうかは分けないと言う事。内面をきちんと見て判断してから付き合い始めるのが多いのが実状です。


豊満BODYの魅力

勿論、欧米人が体格の良い人に対して好意的でポジティブといっても、限度という物はあります。しかし、欧米の女性は多少自身が太っていても基本的に豊満BODYとは思わず、体型をそこまで気にしてはいないので、お互い自然体でとても明るく楽しそうに過ごすカップルが目立ちます。
ですが、ただ太めな体型でいれば人気者になるというわけではありません。体型を省いても、中身が磨かれた、洗練された女性がやはり好まれます。

愛されキャラに一歩近付くには?

ぽっちゃり体型と大きく言っても、通常と同じく愛されキャラと嫌われキャラの2種類のタイプに分かれるので、嫌われる豊満BODYの持ち主にならない様に要注意。
愛されるぽっちゃり体型代表といえば、映画ヘア―スプレーのトレイシー(ニッキー・ブロンスキ)。彼女のように底抜けに明るく可愛いキャラクターの女性は体型に関係無くモテますよ。また、LOVE magazineでセンセーショナルな表紙を飾った女性歌手のベスティットー。彼女もやはり自分の体型を隠す事無く誇りを持って活動していたり、特別な才能が余計に彼女の豊満BODYを引き立たせています。

逆に嫌われてしまいがちなのは、ただコントロール出来ずに食べたい物を永遠に食べ続けている太っているだけのタイプやネガティブな発言ばかりするタイプ。自分が一緒にいて肩を張らない相手と時間を過ごさないとどんどん気持ちの距離が開いて行ってしまいます。
そして折角元々チャーミングな魅力が沢山あるのに、その自分の魅力を太っているからと恥ずかしがったり塞ぎ込んで暗くなったりして、本来持っている魅力を更に失っている女性が多いですよね。笑顔になって自信を持つ事でより輝いて見えるので、笑顔で自信を持って行動する事で、自分の魅力をアップさせていきましょう。

ダイエットを始める前に、自分の外見にも内面にももっと自信を持つ所から始めましょう。そのままの自分を少しずつ相手に見せることで相手も自分もリラックス出来る、そんな関係を目指しませんか?

ライター:*MiMi*
ロンドンで特殊メイクも出来るHair&Make-upアーティストとして雑誌から映画までとマルチに活動中。美容、アート、ファッション、旅行、そして日々感じる文化の違いまで幅広くお届けします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!