妊活!今すぐではないけれどいつかは授かりたい・・という女性も、男性も予め知っておきたいこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.03.03.Sat

恋活・婚活・そしてついに妊活という言葉がよく聞かれるようになりました。
女性も男性も、避妊することには必死なのに妊娠に対してはあまり気にしてこなかったという方が多いような気がします。
今は妊娠希望ではないけれど、妊娠や不妊症についてちょっと気になるなぁ・・・と感じてきている貴女に、最初に知っておきたいことをまとめてみました。


食生活や冷え生活をチェックしてみよう

流産経験もありなかなか妊娠出来なかった知人は漢方医を尋ねたところお腹の触診で「冷え」を指摘されたそうです。
漢方医の指導の元に冷えを改善していったところ、みごと妊娠!1人目を出産後にすぐ2人目を妊娠し、現在は3人目を妊娠中!
昔から「女の子は体を冷やしちゃダメよ」とお祖母ちゃんから言われた通り、女性は冷えてはいけないのです。体を冷やすお砂糖の過剰摂取や人工的な食品添加物の摂取は控え、重ね着などお洒落を楽しみながら冷え撃退ファッションをしてみましょう。
急に体質は改善出来るものではありませんので、今は妊娠を希望していなくても欲しい時に授かれるように今からでも改善を始めてみましょう。


プレママチェックをしてみよう

多くのレディースクリニックでは妊娠の妨げになる病気がないかどうか、健康に問題がないかどうかを調べてくれる「プレママチェック」という検査があります。
検査内容はSTD検査・超音波診察・血液検査・尿検査など、中には乳がん検診もしてくれるところもあります。費用は2万~4万とお高めですが、妊娠希望で気になる事があるならば1度受けてみても良いかもしれません。
全部を受けるのが費用的に厳しかったら、STD検査だけでもしておいた方が良いかもしれません。筆者はSTD検査でクラミジアが発見され治療しました。クラミジアは自覚症状が全くない曲者、しかも骨盤や卵管に広がり不妊の原因にもなります。同じくパートナーにSTD検査だけでもチェックしてもらいましょう。


女性だけではなく男性不妊もある

不妊や不妊治療で深く悩むことが多い女性、不妊の原因は女性にあると思われがちですが、実は不妊原因は男性にもあり。しかも現在は男性不妊が急増中。不妊で悩むカップルの約半分は男性不妊が原因なのです。
男性不妊の原因は環境ホルモン(食品添加物・防腐剤など)やストレス、不規則な食生活で精子の数が減り弱くなってきてしまうそうです。
治療としては、ホルモン剤の投与や内服薬で妊娠確率をアップ出来るそうなので気になる男性は1度チェックをしてみましょう。他にも、ストレスケアや食生活の改善、筋トレ、仕事で自信をつけるなど男性らしい活動で精子の運動が活発になるともいわれているそうですよ。

不妊の原因は十人十色です。心配な方はクリニックでの検査をしてみて下さいね。

ライター:RISACO
アロマセラピスト/スラヴィックマッサージプラクティショナー 神楽坂と練馬を拠点に活動するアロマヒーリングSOLEIL主宰

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!