人生が上手くいかない時にチェックしたい!今ではなく過去に生きる人の特徴まとめ(前編)

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.04.08.Sun

過去を懐かしむことは誰にでもあると思います。しかし、過去の思い出は時として、現在のあなたの足を引っ張ることになることも。特に長年付き合った恋人と別れた後や友達が次々に結婚して孤独を感じている時は、過去からの甘い誘惑があるもの。ですが、それに乗ってしまえば最後、いつの間にか今の自分を見失ってしまいます。つまり「今」ではなく過去に生きることになってしまうんです。
今回は過去を繰り返し生きる人の特徴をまとめてみました。

初恋をいまだに引きずっている

思い出はいつだってキレイなもの。中でも初恋の思い出はいつまでたっても色褪せません。でも、気をつけなくてはいけないのは、それは過去だということ。そして、初恋の相手は月日の流れと共に美化されやすいということ。
確かに初恋の相手を思い出すだけで、まるで当時に戻ったかのように甘酸っぱい気持ちを味わうことができるでしょう。しかし、それは過去に味わった気持ちを思い出しただけであって、現在の気持ちではありません。そこを勘違いしてしまうと、初恋をいつまでも引きずってしまう場合があるので注意しましょう。
著者も長年付き合った恋人と別れた直後、初恋の人に心がなびいた経験があります。ですが、冷静に考えてみると、過去に一度経験したことには慣れているし、居心地がいいから、つい現在進行形の恋心だと勘違いしただけでした。

何があっても同窓会に参加する

仕事がどんなに忙しくても、必ず同窓会に参加する人っていませんか?同窓会に参加して、成長した同級生と再会するのはとても素敵なことだと思います。ただ、何があっても同窓会にだけは参加したいと思っている場合は、過去に生きている可能性が高いでしょう。
現在の自分よりも、過去の自分が大好きで、それに依存してしまっている状態だといえます。残念ですが、今を生きることができない人に大きな成長は望めません。どんどん成長していく同級生達に会うたびに、惨めな気持ちになったり、嫉妬を感じて、ロクなことはないでしょう。過去ではなく、今を生きる勇気を持たない限り、ずっとこの状態は続きます。

Facebookでのやり取りが一番楽しいのは昔の同級生である

今の人間関係を大事にできない人も過去に生きているといえるでしょう。Facebookで同級生と再会するのは楽しみのひとつ。社会人になった同級生が活躍していると、うれしい気持ちになると同時に「自分ももっと頑張ろう」と思えますよね。
でも、Facebookでのやり取りが一番楽しいのが昔の同級生なら危険。そういう人は古い人間関係にいつまでもしがみついているんです。すると、今の人間関係を大切にできなくなり、おのずと過去に生きるようになってしまいます。
気づいた時には、新しい出会いを避けていた、なんてことも。もし身に覚えがあるようなら、一度立ち止まって冷静に自分自身を振り返ってみるといいでしょう。過去に生きていたことに気づけば、少しずつ今を生きられるようになるはずですよ。

ライター:羽音(はのん)
東京在住のフリーライター。恋愛や美容について執筆しています。趣味はスペイン映画観賞、人間観察。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!