これを食べたら明日むくみそう!でも食べたい!翌日の為の賢いむくみ緊急対策

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.02.14.Tue

塩分の多い食事やお菓子を食べてしまった時、翌日必ずむくみが発生しますよね。
まぶたは腫れ上がり、お顔全体がパンパンでメイクしても髪形で誤魔化してもどうも決まらない・・・
だから塩分少な目のヘルシーご飯を毎日食べることが健康にも美容にも良いのですが、時々はしょっぱい食事もスナック菓子も食べたくなるものです。いつも気をつけていても塩分の多い食事をしてしまったら・・そのリセット法のご紹介です。

塩分は水が大好き!どんどん水を溜めます

人間の60パーセントは水分で出来ているといわれています。私たちの体を作る60兆個の細胞の水分はナトリウム(塩分)とカリウムで保たれています。
ですが塩分(ナトリウム)を取りすぎてしまうと細胞のナトリウムが過剰になってしまいアンバランスな状態になります。
ナトリウム(塩分)が過剰になると細胞は水分多く吸収しようとするので、細胞がどんどん膨張していきます。そして細胞の外に水分が染み出ても染み出た水分が過剰になりすぎリンパに流れにくい状態になり滞ってしまうのです。
急なむくみ対策にはナトリウムとカリウムのバランスを整えることがポイントです。

むくみ対策にはカリウムがキーポイント

カリウムは多くなりすぎたナトリウム(塩分)を外へ出す作用があります。塩分を多く取り過ぎた日はむくみが発生する前にカリウムの多い食べ物を摂取し、同時に水分も取りましょう。カリウム+水分の利尿作用でナトリウムを外に出す作戦です!
*因みにナトリウム(塩分)による血圧の上昇も抑えたり、筋肉の働きも良くしてくれます。

カリウムが豊富な食べ物

▽ パセリ
▽ よもぎ
▽ アボカド
▽ ほうれん草
▽ 納豆
▽ 無塩のトマトジュース

筆者は梅干が大好きなので、コンビニなどで梅干を購入する時は梅干と一緒にカリウム量が多い野菜ジュースも購入します。
カリウム摂取によるむくみ予防実験済み。
お試しあれ!

ライター:RISACO
アロマセラピスト/スラヴィックマッサージプラクティショナー 神楽坂と練馬を拠点に活動するアロマヒーリングSOLEIL主宰

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!