生きやすい!「綿菓子女子」を目指そう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.11.17.Thu

どんなことがあっても自分の道を貫く、というスタイルはカッコイイです。誰をも意識することなく生きていくのであれば、そうし続ける方が良いかも知れません。
しかし、誰か特定の人を意識する生活になった場合、大勢で何か1つのプロジェクトをする場合など、ある程度柔軟になってみた方がスムーズに過ごしやすくなる…そんなこともあります。


具体的にはどのような時を指すでしょうか。
たとえば、好きになった相手を振り向かせるとき。それまでは「私は今のままの見た目で良い」と思って自らを変えることなく、過ごしていたかも知れません。しかし好きになった相手が「どちらかというと、ほっそりとしている女性が良い」という考えの人だとしたら、少々ダイエットに励むべき。変える努力が必要となってきます。その方が勝てます。

同棲するときも同じです。生活環境が違うと、同じ行動をするにしても、何かとスタイル(様式)が違ってくるのは当然。すべてに「私のやり方と違う。どうして?」とイライラするのではなく、自分のスタイルを押し通すのはやめ、許容できるものがあれば、相手のスタイルを認めてあげること。共同生活をする場合、すべてのことを自分の思い通りに統一することは不可能に近い。

仕事において「ここは譲れない」といった部分もあることでしょう。もちろん主張すべきことは、確実にハッキリ言っておくこと。それ以外で、相手の出したアイデアや意見が自分と違ったとしても、まずは認めること。
「それはどうかな…」といきなりダメ出しするのは不適切。最初に「確かに」「いいね」と言うことで、場の空気も良くなります。


完全に自分の中の「軸」を曲げろとは言いませんが、軸の外側にあるふわふわとした部分は、一部相手寄りの考えを持ってみるなど、歩み寄る心があった方が良いでしょう。
頑な過ぎるのも「この人は一緒にいても厳しいだろうな」と思われて終わってしまいます。「自分の中に芯は持ちつつも、柔軟な対応のできる女子」を意識してみると、物事はおのずとスムーズになります。

綿菓子をイメージすると分かりやすい。芯(棒)は堅くありつつも、その周りに付いている綿(菓子)は柔らかでふんわり。綿菓子女子を目指して。

ライター:sonoko0511

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!