いつも悩みがたえない女子は注意!実に女子の6割を占める「幸せ恐怖症」かも?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.04.28.Sat

「いつも悩みやグチがたえない」「付き合う相手が大体厄介」「幸せを感じることができない」当てはまることがあったら要注意!あなたは「幸せ恐怖症」かもしれません。
人はみな幸せになりたいもの。「幸せ恐怖症」なんて考えられないですよね?しかし女性のなんと6割が「幸せ恐怖症」とも言えるのです。割合は多いのですが、「幸せ恐怖症」を自覚している人は少ないんですよ。

「幸せ恐怖症」って?

「幸せ恐怖症」とは、「幸せになるのが怖い」というもの。無意識下で、自ら幸せを遠ざけている人のことを言います。以下のような事例が当てはまる人は、「幸せ恐怖症」の可能性が高いです。
・1番好きな相手は諦めて、3番目くらいに好きな相手と付き合う。
・自分に自信がなく、自分の幸せは諦めている。
・楽しみだったデートでわざと遅刻したり、無意味なケンカをふっかけてブチ壊したことがある。
・幸せだと逃げたくなったり、壊したくなる。
・明るい未来が信じられない。
・発言も思考もネガティブで、他人や環境のせいにした愚痴がたえない。

「幸せ恐怖症」の原因は?

「幸せ恐怖症」の原因は、なんと実の母親。母親が心を満たされないまま子育てをすると、同性である娘の幸せに嫉妬するようになります。娘が幸せそうにしていると、母親自体無意識下で、不機嫌な言動をとるように。子供は敏感なのですぐに悟り、母親より幸せにならないように、無意識にセーブするようになるのです。長年これを続けている人がほとんどなので、自分では気付きにくく、克服しにくいんですね。

「幸せ恐怖症」の克服法

「幸せ恐怖症」を克服しない限り、本当に幸せを感じたり、人生に満足することはできません。

1、幸せ恐怖症を自覚する

幸せ恐怖症は、自覚をしないのが一番恐ろしいこと。自分の母親が関係すると認めたくない人もいるでしょうが、あなたが認めない限り、今度は自分の子に同じことをします。「幸せ恐怖症」の人は満たされないので、無意識下で間違いなく自分の子にも同じことをし、自分の子を「幸せ恐怖症」にしてしまうんですね。それだけは避けたいですよね?ならばあなたが「幸せ恐怖症」を自覚し、連鎖を食い止めるしかありません。

2、幸せな人の近くにいく

「幸せ恐怖症」の人の周りには、同じく「幸せ恐怖症」の人が多いです。愚痴を言い合って慰めあう人と友達でいると、気持ちがいいんですね。でもそのままでは変われないと思って。
いつも楽しそうで、愚痴をほとんど言わない人の近くにいるようにしましょう。友達になって、話を批判せず、素直な気持ちで聞き入れて下さい。幸せを感じることができる人の思考を聞いていると、今までどれだけ自分が狭い考えを持っていたか実感できます。

3、素直な自分の気持ちと向き合い、自分を好きになる努力をする

「幸せ恐怖症」の人は、自分を好きになれない割に、自分を守りたい気持ちが強いもの。まずはありのままの自分を受け止め、自分を好きになれる努力をしましょう。「幸せ恐怖症」の人は自ら幸せになる努力も避けます。素直に自分の求める姿を定め、自分を好きになる努力をするだけで、以前より自分を好きになることができます。自分を好きになれると、他者も好きになることができます。

4、ベストを選択する

いたってシンプルなことですが、自分のベストを選択しましょう。我慢をしたり、様々な理由で固めて自分のベストを選択しないことは、もう終わりにしましょう。今まで気にしてきた「他人の目」は、自分が作り上げたもの。誰かのためと犠牲を払ったつもりでも、「誰かのため→誰かのせい」にいつか必ずなります。このままでは必ず死ぬ時に後悔しますよ。

時間をかけて克服を

長年の母親との関係で築きあげられた「幸せ恐怖症」は、克服するのに時間がかかります。焦らず自分の気持ちに素直になって、「幸せ恐怖症」を克服していきましょう。
「幸せ恐怖症」で母親を恨むのは筋違い。母親自身気付いていないことですし、他者や環境のせいにする年齢でもありませんよね。自分のことは自分で責任を持ち、自分の性格は自分で解決することが、一番の近道で有効な手段です。「幸せ恐怖症」を克服すれば、必ずあなたとあなたの母親との関係も良い方向へ変化します。自ら幸せを感じるためにも、自分の子供を「幸せ恐怖症」にしないためにも、時間をかけても「幸せ恐怖症」を克服していきましょう。

ライター:宮野茉莉子
証券の営業を経て、現在フリーライター&子育て中。読書、写真、旅、お酒、哲学が好き。「哲学=アート。自由▽ オリジナリティー▽ 実験的に物事を考える。」
がモットー。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!