「甘いもの中毒女子」必見!女子に嬉しい栄養素満点の「レーズン」が効いたよ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.04.11.Wed

毎日の甘いものが、どうしてもやめられない女子は多いのではないでしょうか?かくいう筆者もチョコ好きのカカオ中毒。毎日のチョコがどうしてもやめられませんでした。「チョコに代わる満足感を得られ、ヘルシーなおやつはないものか?」と探していたところ、意外なところでレーズンを発見!しかもこのレーズン、驚くほど女子に嬉しい栄養素たっぷりなんです♪

レーズンの続けられるポイント

はじめに、レーズンがおやつ代わりとして続けやすいポイントをご紹介します。


1、手軽で安い

レーズンを手に入れようと思ったら、近所のコンビニやスーパーに行けばすぐに買えます。しかもたくさん入っていて、大体一袋100円。一袋で何日も持つので、コスパも最高。これだけ手軽に買えて安いと、続けやすいですね。


2、噛み応えがある

レーズンはドライフルーツなので、1粒でも意外と噛み応えがあるんです。噛む回数が増えるので、少量でも満腹中枢を高めてくれます。


3、1粒ずつ食べられる

甘いオヤツって、一気に食べ終わって、もっと欲しくなるんですよね・・・。レーズンは小さな粒を1粒ずつ食べるので、一気に食べ終わるということがありません。ゆっくり満腹中枢を満たします。


4、甘みが高い

レーズンはけっこう甘いです。チョコに引けをとらない甘さですが、自然な甘さなのでヘルシー。甘さが食欲を満たしてくれます。


レーズンの驚くべき女子に嬉しい栄養素

毎日のチョコをレーズンに代えることができた筆者ですが、ふと食べ過ぎが気になりました。そこでレーズンの栄養素を調べてみると、「カルシウム、鉄分、マグネシウム、ビタミンB群などバランスよく含み、食物繊維も豊富」とのこと。イライラ抑制のカルシウム、貧血防止の鉄分、便秘解消の食物繊維は、女子にとっても嬉しいですね。他にも意外な栄養素が豊富でした。


1、赤ワインに劣らない抗酸化作用

レーズンの皮には、ポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールと言えば抗酸化作用があり、アンチエイジングとして有名。ポリフェノールといえば赤ワインですが、レーズンは赤ワインにも劣らないポリフェノールを含んでいます。


2、カリウム豊富でむくみ予防

塩分摂取の多いといわれる日本人にとって、塩分を排出するカリウムは必須の栄養素。レーズンはカリウム豊富なので、余分な塩分を体外に排出してくれます。


3、ブドウ糖豊富で仕事中のおやつに最適

レーズンの甘味は、果糖・ブドウ糖。砂糖のショ糖より吸収されやすいので、エネルギー源としてスポーツ選手にも人気です。ブドウ糖は唯一脳のエネルギー源になるので、仕事中のおやつにも最適。


4、脂質は低く、コレステロールゼロ

甘いので脂質が気になるところですが、脂質は気にするほどのものではなく、コレステロールもゼロ。気になるカロリーは、10g(約20粒)で30カロリー。これならダイエット中でも気兼ねなく食べられますね。


できればとりたいレーズン

レーズンは食べ過ぎを心配するどころか、積極的にとりたい食材ということがわかりましたね。毎日レーズンでは飽きてしまいますが、週の半分のおやつをレーズンにしたり、朝食や夜食にするのもお勧めですよ。

ライター:宮野茉莉子
証券の営業を経て、現在フリーライター&子育て中。読書、写真、旅、お酒、哲学が好き。「哲学=アート。自由▽ オリジナリティー▽ 実験的に物事を考える。」
がモットー。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!