お金を節約する為の10の方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.07.08.Fri

経済状況は人によってばらつきはあるものの、みんな一生懸命お金を貯めたり、なんとかやりくりしているもの。お金を貯める一番のポイントは、自分のお金を賢く使うこと。
必要なものだけにお金を使い、必要でないものには使わない。これって基本ですよね。でも、意外と実践出来ていない人は多いのではないでしょうか?言うのは簡単でも、実践するのはとても大変!今回は、今日から始められる節約術のヒントをお教えします(意外と大変かもしれませんよ。)。

1、外食回数を減らす

もし、週に3回外食をしている人は、外食回数を週1回以下にしてみましょう。安いランチセットばかり食べているという人も、外食ではなくお弁当にしてみましょう。スーパーに行ってみると、一食分の食費だけでも、意外とかなりの食材を買えるものですよ。予想以上に買い物できることに気づくと、節約中のストレスもかなりやわらぎますよ。

2、節電する

LED電球などの効率的な電球をかうこと、電源を極力落とすこと、こまめに電気を消すこと。ムダな電気を使っていないかを確認してみましょう。家で使用する電力をもっと効率よくしていくことが大切です。明るいときは、外の光を取り入れたりしてみましょう。簡単なことではありますが、もっとお金を貯めていくためには、大切な事ですよ。

3、コーヒーは自分で作る

ついついスタバやドトールの新商品に目が言ってしまう女の子は多いはず。けれど、これってほんとうに必要?おなかがすいていないのに、口さみしくて甘いドリンクを飲んでいると、お金もたまらないし、体型も崩れるいっぽう!摂取カロリーは増えるのにお金は減るなんて嫌ですよね!コーヒーは飲みたい時に自分で入れる癖をつけてみましょう。

4、スーパーやディスカウントショップで賢く買い物

コストコやドン・キホーテ、イトーヨーカドーにイオン…安くて便利なショッピングセンターは街にたくさんあります。けれど、利用するときはあくまでも「賢く」利用しなければお金はたまりません。いろいろな商品があるので、ついつい目移りしてしまいますが、ほんとうに必要なものだけ買うようにしましょう。そのためには、あらかじめ買い物リストを作っておくことといいですよ。

5、現金で買い物をする

クレジットカードはすごく便利でポイントもたまるけど、カードを使ってばかりいると、何にいくら使ったのかついつい忘れてしまいがち。トロント大学とカンサス市連邦準備銀行の2008年の研究によると、報酬を得る機会があると、クレジット支払いをする人が増えるという結果が出ています。だから、極力現金で支払をする癖をつけましょう。

6、クーポンをこまめにチェックする

「クーポンなんて貧乏くさい」なんて思っているうちはお金は貯められません。お金は貯めて、賢く使うべきです。街やスーパー、ネットでクーポンを見つけたら、目を通しておきましょう。そして必要なものがあれば財布に入れて、賢く使うことが大切です。

7、値切ってみる

消費者だって、もっとアグレッシブに活動していいんですよ。怖がってはダメです。家電量販店などでは、値切るのも当たり前になってたりしますよね。「ダメもと」で挑戦してもいいですし、他店のチラシを持って行って値切ってみるのもひとつの手。もし断られてもそれほど落ち込まずに、挑戦してみましょう。

8、タダで出来る娯楽を探す

趣味や娯楽も人生には大切。だけど、カラオケや麻雀、ゲームや買い物ばかりしていてはお金はたまりません。家族で公園に行ったり、ピクニックや登山を楽しんだり、家にこもって楽器や絵画に専念してみてもいいかもしれません。周りを見渡してみると、意外にただで楽しめる方法はたくさんあるはずです。また、公共施設などを利用してみるのもいいですよ。

9、大きな買い物をするときは即決しない

もし衝動買いをしてしまうくせがある人に、とてもいい方法がこれ。どうしてもほしい物があったら、本当にほしい物なのかどうか、48時間だけ考えてみてください。その期間中、頭からどうしても離れないものは購入してもいいですが、よく考えたらあまり必要ないものも含まれているかもしれません。

10、ジムを退会する

トレーニングをするために、毎月高額なジムの会員費を払っている方は多いのではないでしょうか?もちろん体型維持や健康増進のためにトレーニングは大切。でも、自宅の周りや公園を走ったり、家で筋トレしたり、ヨガや縄跳びをしても十分なはずです。また、市区町村の公共施設を探してみると、1回数百円で利用出来るトレーニング施設があるはずです。毎月高い費用をかけなくても、トレーニングはできますよ。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!