仕事で行き詰まった時に読みたい 岡本太郎の言葉まとめ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.10.29.Sat

今年生誕100年を迎えた岡本太郎。『芸術は爆発だ!』という言葉を思い浮かべる人も多いでしょう。常に世の中と闘い続けた彼は、自分自身にとことん向き合うことで独自の芸術を生み出しました。彼の言葉には、ありふれた考えを根本から変える力があります。仕事に行き詰まった時や、考え方を変えたいと思った時に、見てみましょう。

岡本太郎生誕100年記念事業公式サイト

行き詰まった時

■『すらすらといくらでも溢れ出てきて、無限につくれるような気がするときもある。悩めば悩むほどいきづまってしまう、絶望の季節もある。そういうとき、どうするか。焦らない。自分と向き合うチャンスだ、と思ってじっくり腰をすえて、自分はほんとうに何がしたいのか、見極めることだね。』

■『壁は自分自身だ』

■『やりきれない。でも、だからこそ行動するんだ。障害を全身で受けとめて、逆に生きがいにしてしまうんだ。』

視点を変える

■『不動のものが価値だというのは、自分を守りたい本能からくる錯覚に過ぎないんだよ。破壊こそ創造の母だ。』

■『人間というものは、とかく自分の持っていないものに制約されて、自分のあるがままのものをおろそかにし、卑下することによって不自由になっている。自由になれないからといって、自己嫌悪をおこし、積極的になることをやめるような、弱気なこだわりを捨て去らなければダメだ。』

■『他人を型にはめ込んでしまわず、自分の生きるふくらみとして、いつも積極的に見かえせば、思わぬ新鮮な人間像を発見するよ。誰だってみんな面白い。』

自分と向き合う

■『うまかったり、まずかったり、きれいだったり、きたなかったりする、ということに対して、絶対にうぬぼれたり、また恥じたりすることはない。あるものが、ありのままに出るということ、まして、それを自分の力で積極的に押しだして表現しているならば、それはけっして恥ずかしいことではないはずだ。自分の姿をありのまま直視する、それは強さだ。』

■『いつも自分自身を脱皮し固定しない。そういう人は、つねに青春をたもっている。』

■『自分の限界なんてわからないよ。どんなに小さくても、未熟でも、全宇宙をしょって生きているんだ。』

前に進む

■『むかしの夢によりかかったり、くよくよすることは、現在を侮辱し、おのれを貧困化することにしかならない。』

■『謙虚というものは、人の前で、おのれを無にするとか低く見せることでは絶対にない。むしろ自分の責任において、おのれを主張することだ。つまり、謙虚は権力とか他人に対してではなくて、自分自身に対してこそ、そうあらねばならないんだね。』

■『 まっさらな目をもて!そして目的を捨てろ!』

■『勝とうが負けようがどっちでもいい。平気なんだ。勝って結構。負けて結構。ただ、完全燃焼、全力をつくす。』

■『きみはあなた自身を想像していると思いなさい。』

ライター:Miyano
証券の営業を経て、現在フリーライター&子育て中。読書、写真、旅、お酒、哲学が好き。『哲学=アート。自由・オリジナリティー・実験的に物事を考える。』がモットー。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!