目標を実行できていないあなたへ。今年は大切なことしかやらない「重要リスト」の作り方

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.02.03.Fri

年始に今年の目標を立てたけれど、1ヶ月経ってみて思ったより行動できていない、実際何もやっていない、という人。
やりたいことはあるけれど、実生活で何もできていない場合、「やりたいことがありすぎる」「目標が抽象的過ぎる」可能性が。仕事に遊びに恋に、みなさん時間がないのが本音ですよね?目標を立てても、ほんの少ししか実行できないが本当のところ。ならば、「本当に重要なこと」をやりましょう。

1、全て書き出す

まずは自分のやりたいことを全てノートに書き出しましょう。
仕事→やりのこしたこと、やらないといけないけどやっていないこと、能力アップに必要なこと、欠点を補うために必要なこと、夢をかなえるために必要なことなど

プライベート→趣味、見たい本やDVD、買いたいもの、行きたいお店や場所、習い事、資格、ダイエット、気になる美容法、ネットでブックマークしておいた情報など

2、選別する

それぞれ挙げたものを、「重要度」と「緊急度」に分けて、1~10点で点数を付けていってください。
注意としては、緊急度の中で、将来の夢については遠い未来のことでも必ず5点以上つけましょう。将来のことに思えても、今からはじめないと意味がありません。
点数をつけたら、点数の高い順にリストアップし、選別します。この選別法が重要。20点満点中、実際今年実行したいのは、16点以上です。

「重要リスト」の選別ポイント

今すぐ実行する目標は、どんなに多くても3つまで。あとは潔く捨てる。
やりたいこと、やらなければいけないことは、すべて挙げてみるとかなり数も多くなるはず。でも実生活で実行して身に付くのは、どんなに多くても3つまで。もっとしたいことはたくさんあると思っても、他は潔く捨てましょう。他を考えると、本当に重要なことができません。

どうしても選べない時
どうしても選べないという時は、次の順で選別していきましょう。
一番やりたいこと→将来の夢に関わるもの→得意分野や長所を伸ばすもの→変化率が高いもの(自分の成長、目標への到達度など)→重大な解決となるもの(欠点の回復や現状打破に関わることなど)

一人で決める
人と話し合うと、どれも重要に思えてきます。自分のことなのですから、自分にとって重要なことは、自分で決めましょう。

3、今日、今から実行する

目標が決まったら、具体的に実生活にどう組み込むか考えます。「できれば毎日、どんなに間隔があいても週単位」で決めましょう。
そして必ず今日、できれば今すぐ始めましょう。他のものを差し置いても、まずはじめてください。物事ははじめるまでが億劫。
リストを決めただけで満足してやらないこともあります。一度始めてしまえば、あとは続けるだけです♪

ライター:Miyano
証券の営業を経て、現在フリーライター&子育て中。読書、写真、旅、お酒、哲学が好き。「哲学=アート。自由▽ オリジナリティー▽ 実験的に物事を考える。」がモットー。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!