イライラそのものが心のストレスにも・・・イライラを撃退する方法5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.03.28.Wed

突然ですが、理由もなくイライラすることってありますか?
女性の場合はホルモンバランスによりイライラする瞬間は多いかと思いますが、そういう日が週に何日も続いたり、1日に何度もやってきたりするのは少し問題かもしれません。イライラが癖になると、些細なことで怒りっぽくなるとか、あらゆることをネガティブに捉えるようになるなど心にストレスを与えるようになってしまうのです。
今回はそんなイライラを撃退する方法をまとめました。頭の片隅に置いておいて、いざという時使ってみてくださいね!

紙に書く

日常の些細なイライラから、複雑に入り組んだ問題に対する怒りまで、規模の大小問わず有効であると言われているのが「言葉が尽きるまで紙に書く」行為です。方法は単純で、自分がイライラまたは怒っていることについて、なぜそうなのかを、分解して箇条書きにしていくのです。紙とペンが最適ですが、手元にないときは携帯電話のメモ機能やPCでもいいでしょう。
例えば何度同じ仕事を教えても覚えてくれない部下にイライラしたとして、なぜ部下は仕事を覚えないのかをひたすら挙げていくのです。不思議なことに、あなたのペンが止まったそのときに、イライラも止まってしまうのです。
この方法をおすすめする理由は、イライラの根本的な原因への解決策が見えやすくなるということ。ぜひ一度お試しください。

信頼できる人に話す

親や恋人、親友など、あなたの愚痴を優しく聞いてくれる相手はいますか?ストレスを溜め込みやすい、鬱傾向に陥りやすい人ほど「相手に愚痴を聞かせては悪い」と感じて、自分のイライラを上手に人にぶつけることができないといいます。先ほどの「紙に書く」と構造は同じですが、信頼できる相手にイライラを愚痴ってみてはいかがでしょう。イライラを口にするうちに、自分の考えが整理されてスッキリしますよ。
そのときのルールは、「5分だけ言わせて」とルールを自分であらかじめ提示し、愚痴が終わった後に「愚痴ってごめんね」と形式だけでも口にすること。この2つを癖にするだけで、相手も愚痴を受け入れてくれる上に、それ以上イライラするのを止める、と自分に言い聞かせることができるのです。

必要な栄養素を摂る

イライラが、ビタミン不足や空腹のために引き起こされる場合があります。日頃からイライラしやすいと感じる人は、ビタミンCやカルシウムを意識的に摂取するとか、空腹時に飴やチョコレートなどの甘味を摂るようにしてください。

自分のツボを心得ておく

ストレスを溜め込みにくい人は、ストレスの解消が上手だといわれています。カラオケ、スポーツ、映画鑑賞など健康的な発散方法を自分で心得ているのです。イライラしていない日も、常時好きなことに打ち込むのも大切。それ以外にも気に入った香りをデスクやバッグに忍ばせる、お気に入りのウェブサイトのブックマーク集をつくっておく、好きなアイドルや動物の画像をデスクトップにするなど、日頃から自分のツボへのアンテナは高くして準備しておくのがいいでしょう。

自分ルールをつくる

「イライラしたときは必ず○○をする」と自分と約束するのです。できるだけ自分がリラックスできるもの、気が抜けてしまうものがいいでしょう。上述の「自分のツボを心得ておく」というものより、儀式や自己暗示的なものです。私はイラついたときの顔があまりにブサイクなので、自分のデスクに鏡を置いています。もちろんイライラ時はのぞきこみ、あまりの自分の顔のひどさに気が晴れてしまうのです(笑)。
トイレの個室で口角を10秒上げるとか、二の腕を触るとか、漫画キャラクターの顔真似をするとか、バカバカしいものでいいでしょう。

どれもオススメの方法なので、思い出して実践してみてくださいね。どんなに美しい顔も心も、イライラしては台無しです。笑顔を取り戻して、心からの健康美人を目指しましょう。

ライター:ライター:幸(さち)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!