二日酔い対策のための栄養ドリンク。どれが一番良く効く?飲み比べランキング!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.12.16.Fri

12月に入り、いよいよ忘年会&パーティシーズン突入となりました。連日宴席が重なるヘビーな師走を過ごす女子も多いのでは?「お酒の席は雰囲気を壊したくないから無理してでも飲む」「弱いけど接待だから仕方ない」・・・寒空の街中でそんな心の叫びが聞こえてきそうです。
しかし、頑張る女子に朗報ですよ!飲み会の前にササッとコンビニや街の薬局で手に入るドリンク剤はもう試していますか?侮るなかれ、お酒を飲む直前に飲んでおくだけでいずれも即効性に優れる上、翌日の体調もぐっと変わってきます。
ということで実際に試してみたので参考にしてみてください。あくまで個人的な意見となりますが、どれも飲んで損はありません!
(参考:筆者の限界酒量 ビール:500ml4杯、ワインボトル:1本、日本酒:2合程度です。)

1.ウコンの力

「ウコンの力」ハウス食品 200円
(飲用時の酒量:普段より多め:ハイボール500ml3杯、ウーロンハイ500ml2杯)

飲酒前のドリンク剤の定番、「ウコンの力」です。最も知名度が高くポピュラーで、どのコンビニでも手軽に入手することが可能です。味はウコン特有の苦みや臭みがないのでかなり飲みやすく、むしろおいしくなっていて、薬っぽいドリンク剤が苦手な方にも安心しておすすめできます。女性向けにピンクのボトルでカシス味もありますね。
ウコンは生薬や漢方として使われ、肝機能を増進させるとも言われますが、健康維持を目的とするのであれば継続的に使用したほうがいいようです。
肝心な効果ですが、普段と比べて最も違いが出たのは翌日でした。飲み会翌日のだるさや体の重さはなく、スッキリと1日をスタートすることができました。飲酒している最中も、普段よりは辛くない気はしましたが、酔いが回る酒量に大幅な変化は見られませんでした。

2.ノ・ミカタ

「ノ・ミカタ」味の素KK 210円
(飲用時の酒量:普段よりかなり多め:ワイングラス3杯、日本酒2合、ビール1杯、ウーロンハイ2杯)

ドリンク剤の新定番で、ポップなボトルが目印です。店頭にはウコンの次によく目にするといった感じです。「しじみ」と大きく表記されていて抵抗がありましたが、しじみの味はありません。ジュースのように大変飲み心地がいいです。
しじみに多く含まれ、体内に吸収されやすいアミノ酸の一種であるアラニンによって飲みすぎた翌日でもスッキリするというのがこの商品のポイント。小料理屋などのシメがしじみ汁なのもこの理屈からなのでしょうか。
気になる効果は、抜群としか言いようがありません!この日は酒量が段違いでした。どれだけ飲み続けても酔いの感覚はなく、意識もはっきりしたままでした。さらに驚いたのは翌日で、体の変調がひとつもなかったことです。ワインと日本酒はどうしても頭痛を引き起こすのですが、今回に限ってはまったく影響がありませんでした。恐るべししじみの力です。コストパフォーマンスの観点からも断然おすすめです。

3.ヘパリーゼ

「新へパリーゼドリンク」ゼリア新薬工業 399円
(飲用時の酒量:普段よりかなり多め:ウーロンハイ2杯、ハイボール7杯)

「ヘパリーゼ」といったら医薬品系の飲酒時救世主の代名詞ですね。錠剤がポピュラーかと思いますが、今回は飲みやすそうなドリンク剤を試してみました。価格は「ウコンの力」などの倍ですが、第2類医薬品なのでコンビニなどで手に入りません。お薬感覚で本気の日に飲むのが良さそうです。味は一応パインとありますが、かなりお薬風味が強く、息を止めて飲みました。
しかしここからが「ヘパリーゼ」の強いところでした。飲酒の最中も酔いが回る感覚はまるでなく、ハッキリとした意識のまま眠りにつきました。翌日も体のだるさや痛みが一切なく、スッキリとした気分でした。
肝臓に作用する肝臓水溶物、そして栄養素の運搬に関わるコンドロイチンが飲酒時の体の働きを助けるようです。医薬品という安心感も大きいと思います。

4.カロリミット×ウコン

「カロリミットウコンドリンク」ファンケル 200円
(飲用時の酒量:普段と同じ:シャンパン1杯、ワイン3杯)

女子に嬉しい、カロリミットのファン待望のウコンドリンクです。飲み過ぎと同じくらい食べ過ぎは気になりますよね。味もスッキリ甘い女性向けでどれよりも飲みやすいです。
カロリミットに配合される桑の葉とギムネマシルベスタは糖質・脂質のコントロールに効果的な組み合わせで、さらにウコンも加わったら飲み会時の高カロリーも怖くないですね。
ウコンの特長成分であるクルクミンは「ウコンの力」と同量配合されていますが、その時と比べてたくさん飲める感覚はあまりありませんでした。普段と同程度の量で意識がふわふわしたので、本気でアルコール摂取する日には不向きかもしれません。
美容やウエイトコントロールの一貫で日常的に飲用するのがふさわしいドリンクだと思います。

勝手にオススメランキング

以上の効用と飲用後感を踏まえ、独断と偏見でランキングをつけさせていただきました。

1位:ノ・ミカタ
コストパフォーマンスに優れ、アルコール度数の高いお酒を多量に飲んでも気分が悪くなることはなく、その上翌日に残らなかったので総合的にパーフェクトです!

2位:ヘパリーゼ
「ノ・ミカタ」と同じくらい飲酒そのものへの耐性は強いのですが、単価が高いことと主にドラックストアでの取り扱いとなる入手の不便さを踏まえて2位です。

3位:ウコンの力
圧倒的に知名度のある生薬「ウコン」を飲みやすくしているという点がポイント高いです。ただ、頼って飲み過ぎると翌日の爽快感に欠けるため3位。

4位:ロリミットウコンドリンク
高カロリーのお酒の席が気になる人向けといったところですが、すごく効いたという感覚は得られなかったので4位です。ただ、女性向けなので他のドリンクより購入時に恥ずかしくない点は評価すべきところです。

以上、飲酒時に飲用する代表的なドリンク剤をご紹介しました。これから年末までの宴席に控え、自分の体に合ったドリンク剤を見つけて楽しい忘年会シーズンをお過ごしください!
(ただし飲み過ぎは禁物です。ご自分の体とよく相談して健康を大切に。)

ライター:江

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!